腸内環境を整えるサプリや食べ物とは

ダイエット中でも便秘や野菜不足にならない食べ物はもち麦

もち麦は、いま注目が集まっている食べ物です。。

 

その理由は、ずば抜けた食物繊維の量にあり、中でも水溶性食物繊維の一種、β-グルカンの量は全食品の中でもダントツなんです。

 

β-グルカンは、FDA(アメリカの食品医療薬品局)などの機関でも、血中コレステロールを低減させ血糖値の上昇を抑えるなどの働きが認められる食品に選ばれています。

 

β-グルカンは1日3g以上摂ることが推奨されていますが、もち麦ご飯(もち麦2:白米1)を1杯(150g)食べるだけで、3g以上のβ-グルカンを摂ることができます。

糖質制限ダイエット中で炭水化物を食べたくない人はおすすめ!

糖質制限中で炭水化物を抜いている人には、腸内環境を良好にし腸の調子を整えるビフィズス菌BB536が含まれるサプリメントをおすすめします。

 

おなかのビフィズス菌を増殖させて、整腸効果を示す乳糖由来のミルクオリゴ糖のラクチュロースも一緒に摂取できるサプリメントはバイタルフローラだけです。

 

不規則な生活やストレス、極端な食事制限、加齢といった原因により、腸内環境が悪化することにより体の不調で悩む方が多くなっています。

 

そんな方には、ライザップがダイエット中の便秘に悩む方のために開発したサプリが有効です。

 

 

ダイエット中の便秘に困っていた人が2週間で快便!

 

それ以降はダイエットも順調で体重が一気に減りました!

 

お肌の調子もいいし、バイタルフローラはありだと思います。

ダイエットに伴う便秘に悩む女性にもおすすめのもち麦

日本人の80%が悩む便秘をたっぷり食物繊維で便秘解消

 

怖~い便秘をダブルの食物繊維でスッキリする。!

 

便秘が長期化すると腸内では悪玉菌が増加してアンモニアやインドール、パラクレゾールなどの腐敗物質を作り出します。

 

特に怖いのはパラクレゾールで、この腐敗物質は発がん性があります。

 

だから便秘が続くと、発がんリスクが高くなります。

 

便秘の一番の要因は食物繊維の不足。

 

便のかさを増してくれる不溶性食物繊維と、水分を含んで腸壁を刺激し、腸のぜん動運動を高めてくれる水溶性食物繊維をダブルで摂ることが大切です。

 

日本人が1日に必要とする食物繊維の目標量は18g以上ですが、現在では4~6gも不足しています。(上段グラフ参照)

 

もち麦は便秘解消に役立つ不溶性と水溶性の食物繊維をバランスよく含む理想的な食品です。

β-グルカンでぽっこりお腹にさようなら!

どうしてもち麦でやせるの?ダイエットのカギはβ-グルカン

 

もち麦には食物繊維が豊富に含まれていますが、それがどうしてダイエットと結びつくのでしょう。

 

もち麦の食物繊維は不要性と水溶性の2種類。
不溶性は水に溶けずに腸内の水分を吸って膨らみ、便のかさを増して排便を促します。

 

一方、水溶性は糖質の消化・吸収を緩やかにして血糖値の急上昇を防いだり、糖質の吸収を緩やかにする作用があります。

 

つまり体に脂肪がつくのを防ぎ、太りにくくしてくれるのです。
さらに糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病を改善してくれる働きもあります。

 

このすばらしい働きをしてくれるのが水溶性食物繊維の一種であるβ-グルカン。
きのこ類や海藻、穀類などにも含まれていますが、なかなか普段の食事からは摂ることができません。
しかし、もち麦ならβ-グルカンの1日の推奨摂取量3gを茶碗一杯のもち麦ごはんで摂ることが出来mす。

 

もち麦は朝食で摂ると、ダイエット効果が次の食事まで続くため、まずは朝食にもち麦を食べるようにしましょう。

 

 

もち麦ダイエットの基本は主食の白米をもち麦ごはんに置き換えるだけなので、普段、食事の時間や回数が不規則だったり、我慢することが苦手な人にもピッタリのダイエット法です。

 

プチプチとした食感で、よく噛んで食べるため早食い防止にもなります。

 

もち麦レシピもたくさん紹介されているので、ライフスタイルに合わせて、毎日の食事にもち麦を取り入れてみましょう。