あなたはプチ断食に何を求めますか?

プチ断食は、デトックスの効果もあります。

プチ断食というのは、1週間に1日程度、食事を摂らず、水だけを飲み、胃腸を休ませるものです。

 

胃腸などの内臓を休ませることで、体内に溜まっている毒素や老廃物を体外に排出します。

 

よって、プチ断食はデトックス効果があるんです。

 

また、プチ断食には、毒素や老廃物を出すだけでなく、便秘改善やダイエット効果もあります。

 

ですので、プチ断食をすると、体内をキレイにしながら痩せることができるでしょう。

 

プチ断食は、毎日する必要がなく、1週間に1日だけでも効果があります。

 

たった一日という短期間で、たくさんのメリットを得ることができるのです。

 

できれば、外出の予定がない週末を使って、プチ断食を行うといいですね。

 

プチ断食が終了したら、回復食で胃腸を慣らしてあげます。

 

空腹だからといって、ドカ食いをしてしまうと、プチ断食の意味がなくなってしまうので、気を付けてください。

 

プチ断食は、心身ともにスッキリさせてくれるので、定期的に行うことをお勧めします。

プチ断食をすると、宿便も取ることができます。

宿便というのは、長期にわたり、腸内で停滞してしまっている食べ物のカスのことです。

 

プチ断食をすることで、胃腸を休ませることができ、体に溜まっている毒素や老廃物、便を排出することができます。

 

プチ断食をしている期間は、ほとんど食べないのに、便はたくさん出る、という人が多いんです。

 

これは、宿便が取れ、排出されている証拠です。

 

宿便は溜まってしまうと、だんだん異常発酵してしまい、毒素が出てきます。

 

腸というのは、栄養を吸収する場所なんですが、毒素までも吸収してしまうのです。

 

すると、その毒素は血液に流れ込み、全身を巡ってしまいます。

 

そして、毒素は肺へ行き、毒素の臭いが息に混ざって外へ出てしまうのですが、これが最悪なことに、便のような臭いがする口臭なんです。

 

それ以外にも、毒素は体に色んな悪影響を与えるといわれています。

 

最近では、プチ断食をダイエット目的でされている人が多いのですが、プチ断食は体を正常に戻すことができる方法でもあります。

 

宿便が溜まっているかも・・・と思う人は、一度プチ断食をやってみてはいかがでしょうか?

週末だけプチ断食をやっても効果がある

プチ断食で、最も効果的なのが週末だけのプチ断食なんです。

 

週末のプチ断食とは、金曜日、土曜日、日曜日を使って行うプチ断食のことをいいます。

 

金曜日の晩御飯は、通常の食事を軽めに摂る。

 

土曜日はプチ断食本番で、何も食べない。

 

あまりの空腹に耐えることができない!という人は、野菜ジュースや酵素ドリンクを飲んでもいいでしょう。

 

でも、砂糖が入っているものはダメです。

 

また、あまり体力がない場合は、お粥を食べた方がいいかもしれません。

 

日曜日は、プチ断食後になるので、朝食はお粥などの胃腸に優しいものを食べます。

 

昼食と晩御飯は、通常の食事でいいのですが、なるべく軽めにして、胃腸を徐々に慣らしていきます。

 

注意点として、プチ断食中は、お水をこまめに飲みましょう。

 

土曜日は、ちょっと辛いかもしれませんが、この週末プチ断食を毎週行うと、確実に痩せられます。

 

それに、プチ断食は、免疫力アップ、代謝アップ、毒素や老廃物、便を排出できるなど、体にいいことばかりなんです。

 

週末プチ断食で、体の中からキレイになりましょう!

プチ断食は、週末3日間のプチ断食と半日プチ断食があります。

まず、週末3日間のプチ断食ですが、金曜、土曜、日曜を使って、プチ断食を行います。

 

とはいっても、3日間何も食べないというわけではありません。

 

まず、1日目の金曜は、プチ断食の準備をします。

 

1日目の昼食はいつもの7割、夕食は5割程度に抑えて食べてください。

 

2日目の土曜は、プチ断食の本番で、朝、昼、晩の3食を抜きます。

 

もし、空腹で耐えられない場合は、砂糖不使用の野菜ジュースを飲んで、空腹をしのぎましょう。

 

3日目の日曜は、回復日で、朝食にはお粥などの消化のいいものを食べます。

 

昼と夜は、通常の食事に戻しますが、いつもの7割くらいの量に抑えてください。

 

続いて半日プチ断食は、基本的に朝食を抜きます。

 

まず、夜御飯を18時までに食べてしまいましょう。

 

翌日の朝食は抜いて、お水を500ミリリットル以上飲みます。

 

そして、12時に昼食をとりますが、この昼食も消化のいいものを食べるようにしてください。

 

半日プチ断食は、夕食から翌日の昼食まで18時間以上空けなければいけません。

 

夕食の時間が早かったり、少し遅くなった場合は、時間を考えて、翌日の昼食をとりましょう。

 

また、プチ断食中は、お水をこまめに飲んで、脱水症状にならないように気をつけてください。

プチ断食ってどんなダイエット法?

プチ断食ってどんなダイエット法かというと、少しの間だけ固形物を食べず、水だけで過ごすダイエット法です。

 

プチ断食のやり方は、色々あります。

 

1日だけ何も食べない、半日だけ何も食べない、1食だけ抜く、といったやり方があります。

 

しかし、水は必ず飲むようにします。

 

水を飲まなければ、脱水症状を起こす可能性があるからです。

 

もし、空腹に耐えられない場合は、無糖の野菜ジュースを飲んでもOKです。

 

このように、固形物を口にしないことで、短時間ではありますが、胃腸を休ませることができます。

 

胃腸を休ませることで、本来の胃腸の機能を取り戻すことができ、新陳代謝が活発になります。

 

また、溜まってしまっている老廃物や便も排出することができるでしょう。

 

そのため、ダイエット効果があるのです。

 

ここで注意なんですが、プチ断食を終えた後の食事は、胃腸に負担がかからないお粥などの回復食をとらなければいけません。

 

プチ断食後は、お腹が空いています。

 

でも、お腹が空いているからといって、普通の食事を大量に食べてしまうと、胃腸が驚き、プチ断食の効果がなくなってしまうでしょう。

 

それに、プチ断食中は、アルコールを飲まないことも重要なポイントです。

プチ断食は、回復食がとても重要

プチ断食というのは、1日、もしくは、1食を抜きますので、絶対に空腹感を味わいます。

 

ですので、プチ断食が終わったら、「食べたい!」という気持ちになります。

 

お腹が空いている時って、いっぱい美味しいものを食べたいですよね?

 

でも、空腹のあまり、ドカ食いしてしまう・・・なんてことは絶対にいけません!

 

なぜかというと、プチ断食をしている間、胃腸は休んでいます。

 

そんな休んでいる胃腸に、いきなり大量の食べ物を入れてしまうと、胃腸は驚いてしまいます。

 

せっかく胃腸を休ませて、本来の機能を取り戻そうとしているのに、そんなことをしてしまうと、胃腸を休ませた意味がなくなってしまうのです。

 

また、これでリバウンドしてしまうこともあります。

 

ですから、プチ断食をした後の食事は、回復食にしなければなりません。

 

回復食というのは、お粥やお味噌汁です。

 

これだけでは味気ないと思うのであれば、梅干を加えてみたり、南瓜や小豆などを混ぜるのもOKです。

 

プチ断食後は、食べるのをもう少し我慢して、回復食を食べるようにしましょう。

プチ断食をする上での注意点

プチ断食をする上での注意点を3点紹介
1.脱水症状にならないようにする
2.運動はしない
3.プチ断食後は回復食

 

「1.脱水症状にならないようにする」は、プチ断食中は、当然ですが、食事をとりません。

 

そのため、脱水症状になりやすくなります。

 

プチ断食中は、しっかりとお水を飲んで、脱水症状にならないように気を付けなければなりません。

 

「2.運動はしない」は、プチ断食中は、食事をとらないため、頭がぼーっとすることがあります。

 

そんな中、運動をしてしまうと、不整脈になる恐れがあります。

 

もし、体を動かすのであれば、とても軽いものにしておきましょう。

 

絶対に激しい運動はしてはいけません。

 

「3.プチ断食後は回復食」は、プチ断食が終わったら、やったー!と、大量にご飯などを食べてしまうことがあります。

 

これをしてしまうと、せっかく頑張ってやったプチ断食が台無しになってしまいます。

 

絶対に、プチ断食後は、お粥やお味噌汁といった、胃腸に負担がかからないものを食べるようにしてください。

 

プチ断食後の2食目からは、通常の食事に戻してもOKですが、いつもよりも少なめにしておきましょう。

話題のヨーグルトプチ断食

話題のヨーグルトプチ断食って何かというと、通常のプチ断食で抜く食事の代わりに、ヨーグルトを摂取するというものです。

 

プチ断食は、食事を抜きますよね?

 

食事を抜くと、当たり前ですが、空腹になります。

 

食事を抜くことで、胃腸の働きを休め、回復させてあげるというのが、プチ断食です。

 

ヨーグルトプチ断食は、食事の代わりに、無糖のヨーグルトを150グラム食べます。

 

また、一緒に無糖の野菜ジュース、もしくは、豆乳を200ミリリットルから400ミリリットル飲みます。

 

これを1日3食と翌日の朝食の合計4回摂取するのです。

 

その後の昼食と夕食は、回復食を食べます。

 

これがヨーグルトプチ断食のやり方です。

 

ヨーグルトプチ断食は、ヨーグルトと野菜ジュースを摂取できるので、かなり空腹を満たすことができ、通常のプチ断食よりは楽なんです。

 

それに、ヨーグルトや野菜ジュース、豆乳は固形ではないため、胃腸を休ませることができます。

 

そして、ヨーグルトを摂ることで、善玉菌を腸に届け、腸内環境を整えることができるのです。

 

腸内環境が良くなると、代謝や免疫がアップしますし、お肌もキレイになります。

 

このヨーグルトプチ断食は、月に1回するのがお勧めですよ。