メソセラピーはセルライトにも効果的

4週間のCUTEMEダイエットで最大-4.2㎏達成





EAT ME!は毎日飲むだけ!だから・・・毎日続けられる!
効果に自信があるから全額返金保証付きのEATME!
4週間のCUTEMEダイエットで最大-4.2㎏達成

飲むだけでスッキリ落ちるダイエットサポートサプリ EAT MEの詳細はコチラ 飲むだけで痩せる


脂肪溶解注射とエステ

脂肪溶解注射を受ける前後に、エステを受けることで、リンパの流れや代謝を促し、脂肪溶解注射によって得られる効果はさらに高まります。
そして、きれいに引き締まった美しいボディーを、短時間で手に入れることができるようになります。

 

また、固くなった脂肪や脂肪細胞が集まってできた「セルライト」は、脂肪溶解注射を打つ前に、もみほぐしてマッサージすることで、脂肪溶解注射が効果的に作用します。
自分ではうまくマッサージできないし、正しいやり方がわからない、という人は「BTB脂肪排泄システム」などが受けられる、技術力がとても優れたエステで行うと安心です。

 

「BTB脂肪排泄システム」とは、最新の技術を取り入れたスタイリングマシーンを使用して、理想的なボディーを実現する痩身方法のことです。
気になる部分をローリングすることで、セルライトや皮下脂肪が分解されるのです。
そして、その分解された脂肪は、数日の間で、自然と便や汗などと供に体外へ排出されていきます。

 

脂肪溶解注射を行なうことによって、脂肪細胞は分離して、リンパ液の流れによって体外へと排泄されます。
だから、注射を打った後に、トリートメントによってリンパの流れを整えれば、脂肪細胞の排泄をより促進するのです。
また、トリートメントを行なうと、注入した薬剤が広く行き渡るので、効率よく脂肪を溶かすこともできます。
そして、脂肪がなくなりたるんだ皮膚が改善し、引き締まった理想的な体型を目指すことができるのです。

 

 

脂肪溶解注射は新しい痩身法で、安全で安心できるのが特徴です。
また、脂肪溶解注射は脂肪吸引のような痩身法と比べると、身体にかかる負担が少なく費用もかなり安く抑えられます。

 

注射により脂肪溶解剤を脂肪組織に注入し、脂肪を分解し溶解させます。
すでに先進国では、美容医療として認められているので、肥満の治療法としても取り入れられています。

 

従来の痩身法の場合、身体や日常生活に負担が大きくかかることがあります。

 

「食欲抑制剤」
頭痛がしたりイライラしたりする副作用が起こる場合があります。

 

「脂肪吸引手術」
治るまで約1ヶ月と長い期間がかかってしまい、手術後に吸引した部分がボコボコになってしまうので、そこを圧迫しなければなりません。

 

さらに、麻酔による事故や手術によって死亡事故が起きる場合もあります。

 

脂肪溶解注射で使用される薬の主成分は「レシチン」というもので、私たちが日常の食事で食べる豆腐や納豆などに含まれるのと同じ成分なので、身体への負担が少なく、とても安全な痩身法といえます。

 

脂肪溶解注射にかかる費用は、脂肪吸引手術の約10~13%でとてもリーズナブル、さらに脂肪溶解注射によって、溶かした脂肪細胞は再生することがないのでリバウンドは少ないそうです。

 

このように、脂肪溶解注射は、身体にも財布にも優しい痩身法なんですよ。

 

 

「脂肪溶解注射」と聞いても、どのようなものかわかりませんし、危険なものでは、と不安に思う人もいるでしょう。

 

脂肪溶解注射で使用される薬の主成分は、大豆由来の成分「ホスファチジルコリン」で、大豆レシチンともいわれるものです。
この大豆レシチンとは、生活習慣病の予防やダイエットのために摂取されるサプリメントにも含まれるものなので、体に危害を与えるものではありません。
だから、全く心配する必要ありませんよ。

 

ただ、大豆由来の成分を使用しているので、大豆アレルギーをもつ人は受けることができません。
また、念のために妊娠中の人はやめておいたほうがいいでしょう。
甲状腺ホルモンに関わる病気をしたことがある人や、血圧を下げる薬を飲んでいる人は、脂肪溶解注射を受ける前に、担当医に相談したほうがいいです。

 

脂肪溶解注射は、とても安全なものですが、成長期にある子供さんは受けないほうが良いでしょう。
18歳以上ならば安心して受けられます。

 

また、脂肪溶解注射は、男女問わず受けることができます。
脂肪溶解注射の施術時間は10分程度と短いですし、ダウンタイムもほとんどないので、仕事が忙しい男性でも、お昼の休憩中に受けることだってできます。

 

さらに、脂肪溶解注射で特徴的なのは、食事制限ダイエットとは違って、リバウンドはほとんどないことです。
これは、脂肪溶解注射によって、体外に脂肪細胞そのものを排泄させるからです。
ただ、リバウンドしないからといって、暴飲暴食は禁物ですよ。

 

 

手軽に受けられ、安全な痩身法として知られている脂肪溶解注射ですが、まったく副作用がないわけではありません。
では、どのような副作用が現れるのでしょうか。

 

注射を打って数日から1週間くらいで、腫れや内出血、痛みが現れます。
しかし、これらはたいてい1週間くらいで軽減していきます。
このような炎症作用が現れるということは、使用される薬剤は、いい加減に取り扱ってはいけないもので、決して大量に使用してはいけません。

 

長期的な副作用に関しては、これまで特別な指摘はないようです。
ところが、日本人に対しては、まだ使用されるようになって年数が経っていないということで、不明な点が数多くあるようです。

 

このように、脂肪溶解注射においては、まだまだ注意点や課題があるようです。
脂肪溶解注射で使用される薬の成分や、その混合比率などには正式な規定は無いそうです。
そのため、施術する医師によって、それらが違ってくる場合が多いようです。
脂肪溶解注射に疑いをもつ医師は、含まれる成分が決まっていないことや、医学的な根拠がはっきりしていないことを挙げています。

 

また、施術をする医師側の問題もあります。
急速に脂肪溶解注射が注目されてきていますが、施術する医師の知識が乏しいという意見もあります。
注射はとても簡単な治療と捉らえてしまい、たやすい考えで取り組んでいる医師がいる可能性もあります。
極端なことを言うと、医師免許を持たない者が、取り扱っている場合もあるかもしれません。
やはり脂肪溶解注射を考えているのなら、専門の知識と技術をしっかりと習得している医師を探す必要があります。

痛みのない「ノーニードルメソセラピー」

メソセラピー(脂肪溶解注射)では、注射針によって薬剤を注入しますが、「ノーニードルメソセラピー」では針を使わないので痛みがありません。
この痩身法では、レーザーと特殊な電気パルスを3種類組み合わせた機械を使用します。
この機械により、目的に合わせたさまざまな薬剤を、大量に肌の上から浸透させることが可能です。
たとえば、痩身目的の場合は、脂肪溶解剤を使用します。
それによって溶けた脂肪は、便と一緒に排出させられるのです。

 

ノーニードルメソセラピーでは、レーザーによって血流を増加させることで、溶剤を浸透しやすくさせます。
そして、微弱電流を流すことで、薬剤を皮下細胞へ導入するのです。

 

この痩身法では、脂肪溶解剤をやせたい部分に導入することが可能なため、狙った部分を自由自在にコントロールできます。
さらに、痩身以外に、シワやたるみのような肌のトラブルまで、さまざまな悩みをケアすることができます。

 

ノーニードルメソセラピーでかかる時間の目安は一部位につき20?30分で、入院しないですぐに帰ることができます。
施術は、エステサロンで行なう超音波マッサージのように、ポカポカと肌が暖かくなってきて、気持ちよく思わず眠くなってしまいます。
また、術後の「ダウンタイム」という身体の不自由な期間はないので、とにかくノーニードルメソセラピーは気軽に受けられる痩身法なのです。

 

ノーニードルメソセラピーは、見苦しいセルライトに悩んでいる人や、若々しい肌、小じわのない顔を取り戻したい人にもおすすめです。

 

 

メソセラピーは、顔にも施術することができます。

 

あごの部分に施術する場合は、1回の注射で二重あごのたるみをなくし、すっきりとしたあごのラインを実現することができます。
太ももやお腹や、二の腕に施術する場合は、だいたい2、3回脂肪溶解注射をする必要がありますが、顔の場合は平均1回で効果が現れるそうです。
もともとメソセラピーは、脂肪の範囲と量に合わせて注射の回数が決められるので、顔の場合は1回で効果が出るようです。

 

ただ、効果が現れてくるのに1?2ヶ月かかるので、すぐに脂肪が取れたり、見た目がはっきり変わったりするわけではないようです。
また、顔をメソセラピーによって施術した際は、腫れや赤みなどの副作用が現れる場合があるので、その具合によって仕事や学校を休まなければいけない場合があります。

 

施術を行なっている医院によっては、薬の成分に赤みや腫れの出ない成分を使用しているところがあったり、たいてい効果が出るのに1?2ヶ月かかるのを、より早めることができる成分を使っていたりするところもあります。
だから、顔を施術する医院を探す場合は、それらを調べるのもポイントのひとつです。
また、1回に注射1本分使用するとかなり腫れてしまうため、10回に分けて行なう顔のメソセラピーがおすすめです。

 

体は洋服を着れば隠すことができますが、顔はどうしても隠せませんよね。
だから、赤みや腫れを軽減できる医院を選ぶことは重要だと思いますよ。

メソセラピーの効果

メソセラピー(脂肪溶解注射)は、個人差は多少ありますが、だいたい2、3回施術を行なうことで効果が現れてくるようです。

 

「脂肪吸引手術」は、脂肪細胞そのものを取り除いてしまうので、はっきりやせたことがすぐにわかりますが、メソセラピーの場合は、脂肪を溶かす注射を打つため、効果が現れるのには少し時間がかかるそうです。

 

メソセラピーの施術は、身体の外側からではなく、内側から脂肪に作用するので、「内科的療法」と呼ばれています。
たとえば、レーザーを使って、外側から顔のシミを治療する場合はすぐに治りますが、シミ対策として薬や栄養剤を飲んで治すには、完全に治るまで時間がかかります。
このような治療法が内科的療法というものです。

 

メソセラピーを行なうことによって得られる効果は、痩身以外にも多くの可能性があります。
脂肪を溶かすための薬ではなくて、別の薬を使用して注射すれば、その症状に作用し効果が期待できます。
たとえば、シミやにきび、むくみなどの症状にも作用します。

 

メソセラピーのメリットとしては、身体に傷が残らず痛みがないことや、日常生活に支障がないので、こっそりと通うことができることです。
メソセラピーは、効果が現れるのに多少時間がかかりますが、たくさんのメリットがあることが魅力的です。
女性なら、やっぱり大事な身体に傷を残したくないと思います。
安心できる方法で、きれいな身体を手に入れたい、そんな望みを叶えてくれるのがメソセラピーなのです。

 

 

産後に体型が戻らなかったり、さまざまな体の変化に悩んでいたりする人は多いと思います。
特に、ウエストの周りやお尻がたるんでしまって戻らないことに、悩んでいる人は多いでしょう。
また、大切な子供さんを産んだ勲章ともいえますが、消えない妊娠線にも見るたびにため息が出てしまいますよね。

 

そんな悩みを抱えている人におすすめなのが、メスを使用しない痩身法のメソセラピーです。
振袖のように揺れる二の腕を引き締めたり、ぽっこりと出たお腹をサイズダウンさせたりするには、メソセラピーがとても効果的です。

 

そんなメソセラピーは、妊娠線にも効果があるそうです。
しかし、妊娠線には、メソセラピーよりも「カーボネット」の方が効果的だそうです。
カーボネットとは、気になる部分に炭酸ガスを注入して、新陳代謝を活発にします。
特に、セルライトの解消には効果的です。

 

もともとカーボネットは、医療の現場において、血管障害などを解消する目的で利用されていた方法なので、とても安心で安全な方法なのです。
さらに、カーボネットもメスを使用しないので、比較的抵抗のない施術法だと思います。

 

近年では、美容外科技術が進歩し、女性の願いを叶えてくれる方法が数多く用意されています。
そのそれぞれの方法には目的が違ってくるので、メソセラピーでもカーボネットでも、たるみや妊娠線などの解消したい悩みを、カウンセリングで正確に伝えて、しっかり納得した上で施術を受けることが大切です。

 

 

メソセラピーとは、短期間で効率よく安全に、気になる部分だけやせられる、という痩身法です。
メソセラピーは、脂肪内に脂肪を溶かす脂肪溶解剤を注射することで、皮下脂肪を効果的に減らしていきます。

 

施術1回の時間は15分程度で終わりますし、すぐに普段の生活を送ることだってできます。メソセラピーは、部分やせを望んでいる人に向いていますし、リバウンドすることもほとんどないのが特徴です。
また、使用する薬剤が植物成分なので安全ですし、費用も脂肪吸引に比べてかなりリーズナブルなため、気軽に受けられることが人気の秘訣のようです。

 

メソセラピーは、なぜやせられるのでしょうか。
メソセラピーで使用されている脂肪溶解剤は、本来脂肪肝や高脂血症の治療で使用されています。
気になる部分に脂肪溶解剤を注射することで、少しずつ脂肪細胞に薬が行き渡り、脂肪組織が溶けていくのです。
そして、その溶けた脂肪は血中に吸収されて、結果的に体外へと排出されるというわけです。

 

では、メソセラピーでやせた後、本当にリバウンドしないのでしょうか?
一般的に脂肪細胞の数は、成人してから増えたり減ったりすることがほとんどないので、 大きくなってしまった脂肪をなくすことは、とても困難なことです。
ところが、メソセラピーによって、脂肪組織に脂肪を溶解する薬を直接注入することで、少しずつ脂肪細胞が溶けていき、脂肪細胞の数も減少するので、効果的に脂肪を落とすことが可能なのです。
つまり、脂肪細胞の数が一旦減少するので、リバウンドしにくい体の状態になるということです。

 

 

安全で手軽に痩身効果が現れると言われるメソセラピーですが、より効率よく効果を得るためには、施術後の注意点をしっかり確認し、アフターケアを行なう必要があります。

 

メソセラピーで注射を打った部位に、腫れや内出血が現れたり、筋肉痛に似た痛みを感じたりする場合がありますが、徐々に軽くなってくるので心配いりません。
そのような症状がある場合は、激しい運動は治まるまで控えるようにしてください。

 

また、メソセラピーを受けた後は、次のことを注意してください。
施術を受けた当日は、日焼けしないようにしましょう。
入浴は避けて、シャワーだけにしてください。
ボディクリームやパック、マッサージは刺激になるのでやめてください。
温泉やサウナは翌日以降ならば問題ありません。
軽い運動も翌日から行なうことができます。
当日は、締め付けるようなきつい服は避けてください。
また、飲酒も控えましょう。

 

基本的に、メソセラピーを受けてすぐ、普通の生活ができます。
脂肪吸引のように、回復期間が長く続くわけではありませんし、ガードルを締めたり包帯をしたりする必要もありません。
治療後の腫れや痛みも軽いので、日常生活に支障となることはありません。

 

メソセラピーは、脂肪細胞そのものが減るので、リバウンドすることはほとんどありません。
ただ、治療後に過剰に食べ続けてしまうと、脂肪細胞一つ一つが大きくなってくるので、また太ってしまうことになります。
せっかくやせたのですから、バランスの取れた食生活と適度な有酸素運動を、日常的に心がけて、美しい体を維持しましょう。

注射を使用しない「スーパーメソセラピー」

注射によって脂肪を分解、溶解させる痩身法のメソセラピーを超える、「スーパーメソセラピー」という施術法を知っていますか?

 

女性ならだれでもダイエットを考えたことがあると思います。
しかし、ダイエットを始めても、なかなか長続きしなかったり、極端な食事制限によってリバウンドして失敗してしまったり、という人も多いと思います。

 

手軽にやせられる方法があるのなら、そんな素晴らしいことはありませんよね。
そんな人には「スーパーメソセラピー」がおすすめなのですが、どのような施術法なのか、気になりますよね。
また、従来のメソセラピーとは、何が違うのでしょうか?

 

メソセラピーと同じなのは、特殊な薬剤を使用することによって、脂肪細胞を溶解し減らしていくことです。
しかし、メソセラピーと大きく異なるのは、スーパーメソセラピーでは、注射を使用しないことです。

 

スーパーメソセラピーでは、薬剤の注入を、最新の機械を使用して行うのです。
だから、傷や痛さは全くなく、腫れもほとんどないので、薄着の季節には安心です。
また、メソセラピーと比べて、一度に施術できる範囲はかなり広範囲なので、全体の引き締めを一度で行なうことも可能です。

 

スーパーメソセラピーなら、誰にも気づかれることなく施術することができますし、施術後は、すぐに普段と同じ生活ができます。
スーパーメソセラピーは、手軽にこっそりと理想的な体型を手に入れたい人には、もってこいの痩身法なのですね。

 

 

脂肪の溶解と燃焼の促進を、塗るだけで実現するという「メソクリーム」と「メソジェル」というものがあります。
これらは、従来のメソセラピーのように注射をする必要はなく、クリームやジェルを塗り込むだけで肌の中まで浸透していき、脂肪の分解と燃焼を促進します。

 

メソセラピーとは、直接皮下に注入することによって、血液やリンパの流れを促し、余分な脂肪を溶解するという方法です。
ところが、「メソクリーム」と「メソジェル」は、自宅でもメソセラピーと同様の効果が期待できるのです。
しかも、簡単に使用できますし、痛みは全くないので、安心安全なメソセラピーなのです。

 

「メソクリーム」は、血液の流れを促進させるので、それにより脂肪の燃焼を手助けします。
さらに、脂肪が再び蓄積されるのを抑える効果もあるのです。
メソクリームの主成分であるホスファチジルコリンは、細胞膜には欠かすことができない物質です。
細胞の中や外にある脂肪の輸送をスムーズにし、脂肪の代謝を促す役割をします。
L-カルニチンとコエンチームAによって、脂肪酸が細胞内に運ばれ、ミトコンドリアの中に入り、脂肪の燃焼を促します。
エスクリンは、血液の流れを促進するので、脂肪の燃焼効果があります。
ウンカリアトメントサエキスは、分解された脂肪が再び蓄積されるのを抑えます。
また、食物に含まれる脂肪酸を、細胞内に取り入れないように働きます。

 

「メソジェル」は、細胞の中と外にある脂肪をスムーズに輸送し、細胞を活発に働かせます。
そうすることで、脂肪の分解が促進されるのです。
メソジェルの主成分は、ホスファチジルコリン、ミツマサイコ根エキス、カフェインです。
ミツマサイコ根エキスとは、古くから中国で使用されてきた薬草です。
脂肪細胞の中で行なわれる酸化が活発になり、脂肪の分解が促されます。
カフェインは、脂肪をため込む酵素を妨げ、脂肪を分解する効果が得られます。

 

自宅で簡単にメソセラピー効果を実現できるのなら、そんなうれしいことはないですね。

メソセラピーの治療方法

メソセラピーの治療では、注射器と同じような、医療用のとても細い針を使用して行われます。
一般的には メソガンという器具などを使って、薬剤を皮膚の下へ注入します。

 

この方法によって、正確で安全な施術が、細部にまで行うことが可能なので、効率的に施術が進められ、またそれにより短い時間で施術できるようになりました。

 

メソセラピーで使用される薬剤には、脂肪用のものとセルライト用のものがあって、患者さんの希望に沿って、その薬剤を使い分けています。
施術では、注射を打つ時と同じくらいの少しの痛みがあるくらいです。
それでも痛みに弱い人は、麻酔をしてくれる医院もあるので、そのような医院を選ぶと良いでしょう。

 

たいてい10分程度でメソセラピーの施術は終了するので、脂肪吸引と比較すると、かなり手軽に受けることができると思います。
ただ、脂肪吸引と同じように 1回の施術で行なえる範囲には制限があるので、何回かに分けて受ける必要はあります。

 

メソセラピーの術後は、普段と変わらない生活がすぐにできます。
また、メソセラピーを受けた当日は、入院する必要はなく、すぐに自宅へ帰ることができます。
帰ったらゆっくり休みましょう。
注射を打った部位には、多少の赤みや腫れ、痛みが出現することがありますが、1週間ほど経てば消えてしまうので心配いりません。

 

また、自宅では、マッサージなどのケアを行なうようにしてください。
脂肪吸引手術を行なった場合とは違って、メソセラピーの術後ケアは、とても簡単に行なえるものとなっています。
このように、気軽に受けられるという魅力が、メソセラピーが人気になっている秘訣なのでしょう。

 

 

東京都渋谷区の「マグノリア皮膚科クリニック」では、メソセラピーを女性医師が丁寧に行ってくれます。
それでは、「マグノリア皮膚科クリニック」で行なっている、脂肪溶解注射の流れを紹介します。

 

まず、施術を始める前に、カウンセリングを行ないます。
ここでは、脂肪溶解注射がその患者に適切かどうかカウンセリングし、一人一人の治療方針を提案します。
そして、施術する部位や範囲は、患者さんと相談して決めていきます。
不安なことや疑問点などがあったら、このときに遠慮せずに聞いてください。

 

メソセラピーの経過を把握できたら、クリーム麻酔と痛み止めの内服によって、施術に伴う痛みを軽減します。
そして、メソセラピーを打つ部位をマーキングし、極細の針を使用して、一ヶ所につき20ショット程度打ちます。
そのときの痛みはほんのわずかなので、安心してください。
治療は5?10分程度で終わります。

 

メソセラピーの施術後は、クーリングを行います。
メソセラピーを行なった後は、腫れや少々の痛みが出現しますが、クーリングを行なうことによって、10分程度でこの痛みが落ち着いてきます。

 

メソセラピーを受けてから1週間経って、腫れや痛みが和らいできたら、軽いマッサージで血流を促すと、メソセラピー効果がよりアップします。

 

脂肪が脂肪細胞から溶け出して、血中に吸収され排出されていくには多少時間がかかってしまいます。
そのため、効果が現れるのには、施術してから1、2ヶ月くらいかかることを知っておいてください。

 

 

「ドクターアンディーズクリニック」で、二の腕のメソセラピーを実際に受けた人の、体験談を紹介します。

 

この人が、二の腕を施術しようとした動機は、30代になった頃、特に二の腕の贅肉が気になり出したことです。
若い頃とは違い、食事制限や運動をするだけでは、一度付いてしまった脂肪がなかなか落ちてくれないことに悩んでいたそうです。
そんな時に、注射だけでやせられるという「メソセラピー」を知り、治療を受けることを決めたそうです。

 

メソセラピーの施術当日は、診察を受けた後、薬のアレルギー反応を調べて、アレルギー反応がないことを確認してから、メソセラピーを開始しました。
注射する部位によっては、痛みを感じるところがあったそうですが、麻酔のテープを事前に貼ったことで、それほど強い痛みではなく、治療も3分くらいで終了しました。

 

メソセラピーを受けた直後は、じんわりと二の腕が温かく感じたそうです。
そして、その日の夜に、若干の痛みが出てきたそうですが、他には何も問題はありませんでした。

 

施術した次の日は、薬が効いてきたためか、水泳をした後のようなだるい感じがしたそうです。
また、注射を打った2ヶ所に3mmくらいの内出血がありましたが、その部分に痛みは感じず、普段の生活と同じように過ごせました。

 

そのまま、日常と変わらない生活を続けて、施術を受けてから1週間経つと、腕の周りが約2cmも細くなったそうです。
さらに、肌にハリが出てきて、若々しくなったように感じたそうです。

 

そして、施術してから3週間後には、両方の二の腕が、平均してそれぞれ2.3cmも細くなっていたそうです。
そのメソセラピーの効果にとても驚き、次はお腹の周りを予定しているそうです。

 

 

メソセラピーを実施している医院では、メソセラピーのモニターを募集しているところがいくつかあります。
だいたいどの医院でも共通しているのが、施術料が?%割引や無料で受けれ、その代わりとして、院内やインターネット上に記載する症例写真を認めてもらうというものです。

 

もちろん、完全に個人情報は守られているので、そのような状態で、施術後の効果が現れた部分の写真を公開されるのなら、問題ないという人は、モニターに応募してみても良いかもしれません。
しかし、身体の一部だとしても、多くの人に見られたくない人は、メソセラピーのモニター体験はやめた方が良いでしょう。

 

それでは、モニター体験を行なっている医院を紹介します。
東京に3箇所ある「フェミークリニック」では、脂肪溶解注射を最大70%割引で受けることができるそうです。
割引率は掲載可能の範囲によって3つの段階があり、それは受ける人が自由に選べるようになっています。

 

顔写真の掲載はしないで、体験談と症例部位の写真の掲載だと、10%割引となります。
また、顔写真を含め体験談と症例写真を、ホームページやパンフレットの一部に掲載できるのなら、30%割引となります。
そして、体験談と症例写真、さらに顔写真を、雑誌やテレビなどの全ての媒体に掲載できるのなら、70%割引となります。

 

希望する人は、ホームページ上の応募フォームからか、電話によって応募してみてください。
モニターに採用されるには、書類選考を行なった上で、面接を各クリニックで受けます。
そして、当選者には電話で連絡がくるそうです。
また、未成年の方は応募できないので、気をつけてくださいね。

「メソセラピー」と「脂肪吸引」の比較

脂肪吸引とは、メスで切開した小さな穴から管を入れて、直接脂肪を吸い出す痩身方法です。
脂肪吸引では、脂肪を吸引した分だけ必ずやせることができます。

 

それでは、脂肪吸引とメソセラピーとは、何が違うのでしょうか。
脂肪吸引では、脂肪を直接吸引するのに対して、メソセラピーでは、脂肪組織に脂肪溶解剤を注射することで脂肪を溶解します。
そして、溶け出した脂肪成分は、血液の中に吸収されて、結果的に体外へ排泄されるのです。

 

脂肪吸引を行なうと、確実に吸引した脂肪の分は体重が減りますが、それだけ体へ大きな負担がかかります。
そのため、回復期間が施術してから1、2週間必要となります。
また、肌がボコボコになってしまうことが多いそうです。

 

メソセラピーでは、メスで切開する必要はなく、治療が終わってすぐ普段の生活と同じように過ごせます。
つまり、脂肪吸引に比べてメソセラピーは、身体的にも精神的にも、そして経済的にもかかる負担が軽いと言えます。
学校や仕事を休みたくない人は、負担が小さいメソセラピーをおすすめします。

 

ただし、メソセラピーは、1回の施術で行なえる範囲や、それで現れる効果に制限があります。
肥満度の高い人が満足できる結果を得るには、メソセラピーを何回も受けなければなりません。
だから、そのような人の場合、脂肪吸引の方がメソセラピーよりも、結果的に安く済むでしょう。
それでも、脂肪吸引に抵抗を感じる人は、メソセラピーに加えて医師の指導のもと行なわれる「メディカルダイエット」をおすすめします。

 

 

メソセラピーには、いくつかのメリットがあります。
その中で、一番のメリットは治療時間の短さです。
皮下脂肪の気になる部分に脂肪溶解注射を打つだけなので、施術時間は5?10分程度で終わります。

 

また、気になる部分の脂肪に、薬が直接浸透して作用するので、肌がボコボコになることもありません。
さらに、なかなか改善するのが困難な、「セルライト」にも効果的に作用します。

 

過剰についた脂肪は、体全体に負担をかけることになります。
だから、メソセラピーを受けることで、そのような余分な脂肪を取り除き、リンパの流れや体内循環を円滑にして、より正常な身体構造の状態に近づけることができるのです。
また、食事制限によるダイエットと違って、余分な皮下脂肪を除去する治療なので、リバウンドする心配はありません。

 

メソセラピーは、とても素晴らしい痩身法のように思えますが、デメリットもあります。
まず、施術は1回では済まず、見た目でわかるくらい効果を出すには、何回か繰り返し受ける必要があります。
しかし、これはより安全に進めるためには仕方のないことなのです。
着実に痩身効果を上げていくと考えると良いでしょう。

 

また、メソセラピーは、アレルギー反応を起こす場合があります。
たとえば、注射を打った部分に赤みやかゆみが現れたり、嘔吐したりする場合もあります。
そのような副作用が起こった場合には、それ以降の施術は行うことができません。

 

メソセラピーを考えている人は、これらのことを頭に入れて、本当に自分に必要なダイエット法かどうか、もう一度検討してみてください。

 

 

メソセラピーを受けた直後から、腫れてきたり、ほてるようなヒリヒリとした痛みを感じたりすることがあります。
でも、その痛みは10分くらいで治まるので心配いりません。
また、その後も筋肉痛に似たような痛みがしばらく続くことがありますが、それは軽い痛みなので、普段と変わらない生活を送ることができます。
それでも痛みに絶えられない方は、痛み止めを処方してもらいましょう。

 

メソセラピー後に出現する腫れや痛みの程度は、個人差があります。
きつめのズボンやブーツが履けなくなるくらい腫れてしまう人もいますし、ほとんど腫れが現れなかったり、痛みを感じなかったりする人もいます。
また、注射を打った部位が内出血することもありますが、その跡はたいてい2週間くらいでなくなります。

 

メソセラピーを受けた後は、次のことを注意してください。
・メソセラピーを受けた当日から、シャワーを浴びることができます。
・大きく腫れてしまった場合は、腫れ止めを処方してもらい、それを内服してください。
・腫れが強い場合には、腫れが治まるまで運動をしないほうが良いでしょう。
・治療してから1週間経ってから、メソセラピーの効果をより高めるために、やさしくマッサージしましょう。

 

また、メソセラピー効果をアップさせるために、適度な運動をするようにしましょう。
メソセラピーを受けている期間は、普段よりも代謝が活発なので、このときに運動すると、効率よく脂肪燃焼が行なわれます。
運動をする際は、痛みや腫れが治まってから行なってくださいね。

「レーザーメソセラピー」とは

湘南美容外科クリニックでは、「レーザーメソセラピー」という痩身法を行なっています。「レーザーメソセラピー」とは、脂肪を溶解する作用のある薬を注入するメソセラピーと、「スマートリポレーザー」を併用させた施術法です。
脂肪吸引には少し抵抗を感じる人や、部分やせを気軽に行ないたい、という人にはおすすめの痩身法です。

 

「体内式スマートリポレーザー」は、レーザーを脂肪層に当てて、血管を収縮させることで、術中や術後に起こる内出血がより少なく抑えられます。
また、コラーゲンの生成が活性化されるので、脂肪吸引術後にたるんだり、ボコボコになったりした皮膚を改善します。

 

さらに、この施術法では「メソセラピー」によって脂肪を溶解させます。
メソセラピーで行なわれる、脂肪溶解注射の主成分は、「リポスタビル」というものです。
これは、アミノ酸の一種の「レシチン」で、ヨーロッパやアメリカでは、高脂血症などの治療薬として、古くから使用されているものです。
その脂肪を溶解する作用を応用することで、部分やせが実現することになったのです。

 

脂肪の溶解作用は、すぐには効果が現れることはありませんが、少しずつ確実に取り除いていき、1、2週の間隔を空けて治療を進めていきます。
脂肪を取り除く量によっては、さらに治療の回数が必要となります。

 

気になる部分に、2センチの間隔で、薬を少しずつ注入していくだけなので、ほとんど腫れや痛みもありませんし、まったく日常生活に支障はありませんよ。

 

 

美容外科医の田島基嗣医師が、アメリカの製薬会社と共同で開発した薬剤を使用した、新型・脂肪溶解注射「リポ・ピュリファイ」という痩身法があります。
これは、従来の脂肪溶解注射メソセラピーでは、3回以上注射を打つ必要があるのに比べて、たった1回で効果が得られるそうです。

 

「リポ・ピュリファイ」は、ウエスト、二重あご、ヒップ、二の腕など、的確に気になる部分だけに効果を与えるので、ダイエットではなかなか難しい「部分やせ」におすすめの方法です。
さらに、なかなか解消するのが難しいセルライトも、簡単に分解することができます。

 

「リポ・ピュリファイ」の主原料は、100%植物成分の大豆から抽出されるレシチンなので、安心して施術を受けることができます。
また、田島基嗣式の優れた技術による注射法は、脂肪細胞に効率よく到達させることができ、非常に良い効果が期待できます。

 

この注射を打って2?3日は、筋肉痛に似た痛みがありますが、腫れたり内出血を起こしたりすることはほとんどないようです。
そして、施術を受けてから1?2週間で、脂肪が溶解し始めます。
その後1?3ヶ月の間に、溶け出した脂肪や細胞が、ゆっくりと体外に排泄されるそうです。
この痩身法は、効果がすぐに現れるものではないですが、それだけ体に負担をかけずに、気になる部分を着実に排出してくれます。
また、ゆっくりと効果が出てくるので、皮膚がたるんでしまうこともありませんし、周りに気づかれることなく、理想的なボディーをこっそりと実現できてしまうのです。

 

 

メソセラピーの施術によって行われている脂肪溶解注射は、1回3万円以上します。
1回で思い通りにやせられるのなら安いものですが、何度も打たないと効果が現れないそうですし、気になる部分全てに打っていたら高額になってしまいます。

 

ところが、メソセラピーと同じ原理で、含まれる成分も同じである、飲むメソセラピー「タイムスリップ」というものが開発されました。
これを飲むことで、肌の下に潜んでいる脂身から、セルライトを体の内側から溶かして減らしていくというものです。

 

「タイムスリップ」の成分は、脂肪溶解注射で使用される薬剤の主成分である、大豆由来のレシチンに含まれる「ホスファジチルコリン」です。
これは、アミノ酸の一種で、アメリカやヨーロッパでは治療薬として使用されているので、医療の分野においても、その安全性が認められています。
また、「ホスファジチルコリン」はドロドロの血液をサラサラにしてくれる効果もあります。
さらに、体内のコレステロールを減らす作用もあり、美しい肌を保ってシミやソバカスの予防にも効果的だそうです。

 

そのほかに含まれる成分も、脂肪を燃焼させる効果をもつものや、体脂肪を減らす役割を果たすものなど、「ホスファジチルコリン」の効果をより高めて、相乗効果を上げるものが含まれています。

 

「タイムスリップ」によって、余分な脂肪が減ることで、結果的にリバウンドをしにくい体になるのです。
これまで、脂肪吸引を受けたり脂肪溶解注射を打ったりしないと得られなかった効果が、自宅でこんなに簡単に、しかもお値打ちにできるなんて夢のようですね。

 

 

メソセラピーの応用

メソセラピーが生まれたフランスやアメリカ、そして韓国などでは、脂肪を溶解させる目的のほかにも、さまざまな目的でメソセラピーが行われています。

 

「脂肪溶解」は2週間に1回注射を打ち、4?6回くらい続けた頃に目に見えて効果が現れてきます。
ヨガやウォーキング、エアロビクスなどの有酸素運動を行い、デトックス効果を得られるサプリメントを摂取すると、より脂肪溶解の効果が現れます。

 

「セルライト溶解」では、セルライトを溶かす効果のある薬液と血行を促進する薬剤を、局所に直接注入していきます。
この治療を受けた後は、マッサージを行うとより効果がでます。

 

「メソリフト」は、肌がたるみハリがなくなって疲れた顔の印象の人や、肌が乾燥しやすい人におすすめです。
ヒアルロン酸は皮膚から浸透しにくいのですが、それを直接表皮の中に注入することによって、水分補給を持続させることができます。
この治療は、すぐには効果が現れるわけではありませんが、安全で費用も高くないので、優れたアンチエイジング法だと言えます。

 

「メソヘア」は、薄毛に悩んでいる男性に最適な療法です。
細胞に活力をあたえる薬やビタミン剤、そして血行促進剤を、直接頭皮に注射します。
この治療を4回程度受けると、ほとんどの人が、脱毛の進行が止まったり、脂漏が止まったりといった、何らかの変化が現れるそうです。
そして、3ヶ月ほど経つと、発毛の効果が出てくるそうです。

 

そのほかにも、関節痛、頭痛、めまい、鼻炎、老眼、禁煙、そして内科的な治療などにも、メソセラピーが応用されているそうです。

 

 

私たちがコミュニケーションをするときに、重要となるのはアイコンタクトです。
そのため、目の周りが、その人の印象を決めるポイントとなることが少なくありません。
目の下のクマやたるみは、特に、年老いた印象を与えるので、それを改善したいと思っている人は多いでしょう。

 

目の下のクマやたるみの原因は脂肪と言われますが、それを今注目を浴びているメソセラピーで改善することはできるのでしょうか?
結論を言うと、現在では、脂肪溶解注射によって、クマやたるみの脂肪を溶かすことはできないようです。

 

目の下の脂肪は、明太子のような魚の卵巣のように、しっかりと線維状の皮膜によって覆われています。
だから、脂肪分解注射を打って脂肪を溶解しようとしても、この被膜があるために、外に溶け出ることはできないのです。

 

また、脂肪分解注射に使用される薬剤に含まれる、ホファチジルコリンなどを注入すると、激しい炎症反応が起きます。
それにより、大きく目の下が腫れてしまうことになり、そのまま一週間ほど腫れが引かなくなります。
このことからもメソセラピーは、目の下のクマやたるみの治療には不向きといえます。

 

アンチエイジングを中心とした美容医療を提案している「銀座CUVO」では、粘膜面から行なう脱脂治療なので、治療後の腫れや痛みが現れません。
また、治療は目の裏側から行なうので、傷を残すこともありません。
目の下のクマやたるみに悩んでいる人は、「銀座CUVO」で治療を受けることおすすめします。

 

 

メソセラピーの施術では、皮膚の下に脂肪溶解注射を打つことで、脂肪を溶かして痩身の効果が期待できますが、メソセラピーによって得られる効果には、「育毛」もあることを知っていますか?

 

もちろん「育毛メソセラピー」で使用する薬は、メソセラピーで使われる、脂肪組織にある脂肪を溶解させるための薬とは異なります。
育毛メソセラピーで使用される薬は、発毛に効果のあるものです。
その薬を毛根の近くに注射すると、毛根がそれを吸収します。
そして、頭皮が刺激されることで血行が良くなります。
そのため、毛根は栄養を取り入れることとなり、発毛や育毛を促進するのです。

 

つまり、痩身効果を望む場合、脂肪を溶解するための薬を、皮膚の下に脂肪溶解注射として打つのと同様の要領で、育毛メソセラピーは行なわれるのです。

 

髪の毛が抜けて薄くなってしまう原因には、遺伝子的なことが関係していると言われますが、実際はそれだけではなく、現代社会におけるストレスも関係しているそうです。

 

食生活や生活習慣の乱れ、極端なダイエット、喫煙、妊娠と出産、ホルモンバランスの乱れ、などがストレスの原因となります。
そのストレスが、毛根にとっても悪影響となり、薄毛や抜け毛につながることになるのです。

 

育毛メソセラピーによって、皮膚の下に栄養を与え、さらに毛根が刺激されることで、薄毛と抜け毛の予防をすることができるのです。
また、それにより育毛も期待できるそうです。
育毛メソセラピーとともに、自分で行なえる育毛対策を心がければ、より効果的に育毛を実現できると思いますよ。

メソセラピーの料金

脂肪吸引に比べて、メソセラピーの料金は安いといわれますが、実際のところどれくらいかかるのでしょうか。
結論から言ってしまえば、その料金には、美容外科クリニックによってかなり違ってくるようです。

 

キャンペーンを行なっていたり、お試し価格を設定していたりして、1回分の料金が3,000円程度?と格安なものもありますし、数万円もするものもあります。

 

一般的に、施術する部分の範囲は、はがき一枚くらいの大きさで、その効果がはっきりと現れるには、施術を何回か繰り返し受ける必要があります。
つまり、1回だけお試しで受けたとしても、ほとんど効果を得られることはないのです。
だから、効果的なメソセラピーを望んでいるのなら、施術を数回受ける分の料金が必要となることを、頭に入れておかないといけません。
メソセラピーを考えているのなら、美容外科クリニックそれぞれに問い合わせて、詳しい施術料金やその支払い方について、しっかり確認しておくことが大切です。

 

支払い方法に関しては、ほとんどのクリニックが、クレジットカードを利用することができます。
クレジットカードは、まとなったお金を支払う場合には、安全でとても便利です。
最近では、インターネットでも簡単にクレジットカードが作れるので、持っていない人は、これを期に作るのも良いですね。

 

さらに、クレジットカードによる支払のメリットには、利用請求明細書をインターネット上で確認することができることがあります。
自宅に郵送されると、家族や恋人に知られてしまう可能性があるので、メソセラピーを内緒で施術している人にとっては困るかもしれません。
誰にも知られたくない人には、オンライン利用明細というサービスは、とても便利だと思うので、クレジットカードを利用することをおすすめします。

 

 

メソセラピーはとても安全性が高い痩身法だと言われますが、医療施術である以上、すべての人が安易に受けられるわけではありません。
メソセラピーの施術を受けることができない人もいます。

 

動脈硬化や糖尿病などといった生活習慣病をもつ人や、妊娠している人、心臓病などの治療そしている人は、施術を受けることができません。
また、脂肪溶解注射を打つ場合、大豆由来の成分が薬剤に含まれているので、大豆アレルギーをもつ人も受けられません。

 

メソセラピーで行なわれる脂肪溶解注射は、1回で処置できる範囲が限られているので、広範囲にわたって脂肪を除去したい人には不向きでしょう。
また、1回受けただけでは、効果がはっきり現れるものではないので、段階的に繰り返し施術を受けなくてはなりません。
そのため、一度の施術で目に見えるほどやせたい、という人にもおすすめできません。

 

あと、メソセラピーは注射による療法なので、注射が苦手な人や先端恐怖症などの人には、当然向いていません。

 

メソセラピーを受けようと考えている人は、まず自分の体質や状態をよく知り、医師と相談してから施術するようにしましょう。
また、施術を実際に受ける美容外科クリニックを、慎重に選ぶ必要があります。
クリニックを選ぶポイントとしては、医師の経歴や実績がはっきり確認できるところや、カウンセリングに時間をかけて行なってくれるところ、アフターケアまで万全な体制が取られているところ、などを調べるとよいでしょう。

 

 

最近では、「メス使わない脂肪吸引」として、多くの美容痩身法が紹介されています。

 

実際には脂肪を吸引するわけではないのですが、脂肪を除去したり減らしたりする、という脂肪吸引と同じような効果が得られるため、「メス使わない脂肪吸引」と言われているのでしょう。
これらの痩身法にはさまざまな種類がありますが、その中で代表的なものを紹介します。

 

「メソセラピー」は、気になる部分に脂肪溶解剤を注射する方法です。
溶け出した脂肪は血中に吸収され、体外へ自然と排出されるので安全です。

 

「カーボメッド」は、気になる部分に炭酸ガスを注射することで、細胞の代謝を良くし脂肪を減らすという方法です。
炭酸ガスの働きによって、細胞の新陳代謝が促進されるので、自己再生能力が向上します。

 

「スマートリポ」は、きになる部分の脂肪層の中に、とても細いレーザーカニューレを差し込んで、レーザー照射によって脂肪を溶解する方法です。
レーザーの熱を利用して、脂肪を溶解しオイル状にします。
そして、溶けた脂肪は、体外へ自然と排出されるのでとても安全です。

 

「インディバ」は、高周波の温熱作用を利用して、深部から身体を温めます。
それにより、基礎代謝を促進し、細胞を活発に働かせて、脂肪を減らしていくという方法です。
この方法は、体質を改善させたり、美肌の効果が得られたりもします。

 

「EMS」は、電気によって筋肉を刺激して動かすことで、筋力運動と同様の痩身効果が得られます。
運動するのが嫌いな人でも、運動をしなくても、筋力運動をしたときの効果が簡単に現れるので、大変人気となっています。

 

「エンダモロジー」は、セルライトを除去する効果が認められたマッサージマシンです。
そのほかに、リラックス効果や美肌効果、体質を改善する効果もあるそうです。

 

美容痩身の方法は、より安全で効果的、さらに美しい身体を実現できるように、日々研究され進化しています。

「メディカルダイエット」について

「メディカルダイエット」とは、医師の診察のもとで行なわれるダイエット法のことです。
医師の指導に従って治療を進め、処方された薬などを服用するので、安全かつ確実にダイエット効果が得られる方法なのです。

 

その中で、切らずに痩身効果が手軽に得られるとして、注目されているのがメソセラピーです。
通常のダイエットでは、簡単に改善しにくい「セルライト」にも非常に効果的なので、人気を集めています。

 

京都市上京区にある「リブメディカルクリニック」では、内科的なダイエット法として、薬剤を使用する方法が行なわれています。
使用される薬には、食欲を抑える薬と脂肪の吸収を抑える薬があります。
どちらの薬も、摂取カロリーを抑制する効果があります。

 

「脂肪吸収抑制剤」は、腸で脂肪が吸収されるのを防ぐという治療薬です。
この薬による副作用は、ほとんど現れないそうです。
ただ、おならが出やすかったり、下痢になったりする場合があります。

 

脂肪の吸収を抑制することによって、かなり高いダイエット効果が期待できます。
極端なダイエットによる食事制限よりも、自分に合った食生活の中で、ストレスをためずにダイエット効果が得られます。

 

「食欲抑制剤」は、食欲に関係する神経に作用し食欲を抑えて、さらに満腹中枢を刺激することで、空腹を感じさせなくする治療薬です。
また、消費エネルギーを促す作用もあるので、代謝が良くなり体重が減っていきます。
副作用としては、便秘や喉の渇き、吐き気などが現れる場合がありますが、医師の指導のもと使用していれば、重い症状になることはありません。

 

これらの薬は3ヶ月を目安として投与され、我慢する必要もなく計画的にダイエットを行なえます。

 

 

痩身専門サロン「アポリネールカーサ 」では、「光痩身・光脂肪溶解」という痩身法を取り入れています。

 

これは、医療機関で施術されている「脂肪吸引手術」や「メソセラピー」と同じように、特殊な光によって脂肪細胞自体を溶かして、取り除いたり排出したりする最新の痩身法なのです。
また、この技術は、日本の厚生労働省にあたる米国FDAにも認められており、その効果と安全性が証明されています。

 

さらに、脂肪吸引手術やメソセラピーなどと比べても、メスや注射を使わない光痩身・光脂肪溶解法の方が、傷跡をいっさい残しませんし、まったく痛くありません。
また、メソセラピーよりも、低料金で脂肪を除去することができるそうです。
脂肪細胞そのものを取り除いてしまうので、苦痛な食事制限をする必要もありません。
そのため、リバウンドのリスクがないのです。

 

この痩身法で、一ヶ所の照射時間は、エステサロンで行なわれている痩身プログラムよりも、短い時間で施術できます。
また、ほとんどの場合、光照射を5?6回行なえば、その効果を実感できるそうです。
通常、エステサロンの痩身プログラムでは、効果が得られるまでに、15回前後の施術が必要となります。

 

このように、「アポリネールカーサ 」の光痩身・光脂肪溶解法は、脂肪吸引やメソセラピー以上の効果が得られるようです。
痛みも全くなく、耐えられないような熱さもないので、光痩身・光脂肪溶解を検討してみてください。
きっと理想的なボディーを簡単に実現できると思います。