エステ1ヶ月で足痩せ 確実に痩せるエステ

4週間のCUTEMEダイエットで最大-4.2㎏達成





EAT ME!は毎日飲むだけ!だから・・・毎日続けられる!
効果に自信があるから全額返金保証付きのEATME!
4週間のCUTEMEダイエットで最大-4.2㎏達成

飲むだけでスッキリ落ちるダイエットサポートサプリ EAT MEの詳細はコチラ 飲むだけで痩せる


エステサロンで本当に足痩せできる?

「お金を掛けてでも足痩せしたい!」と本気で思っているのなら、エステサロンに通うのが一番の近道です。

 

本当にエステサロンで足痩せできるのか不安かもしれませんが、ハッキリ言って足痩せの効果はあります。
もちろん現実的に不可能なくらい細い、理想のサイズにまで痩せることはできませんが、それでも現在の状態から改善することは十分にできるはずです。

 

その理由のひとつとしては、エステサロンの方達が足痩せのプロであることが挙げられます。
個人で行う足痩せには、どうしても限界があったり、迷いがあったりするものです。

 

それに、自分の足が太って見える本当の理由がわからなければ、効率のよい足痩せはできません。

 

また、ちょっと続けて効果が現れなければ不安になり、他の足痩せ方法に浮気してしまうことも少なくないと思います。

 

結局この繰り返しで、なかなか足痩せができず、エステへ通って足痩せに挑戦するのと、個人で行うのとでは気持ちの持ち方が全く違います。
なんと言っても、安くないお金を掛けているので、気合い、意気込みが違ってきます。

 

一人で行った場合、足のマッサージをやらない日があったり、食事制限も面倒になったり、運動だって続かない場合もあるでしょう。

 

ところが、エステへ行くとプロが効果的にマッサージをしてくれ、エステティシャンとの会話でやる気も出てきます。

 

とにかく、足痩せに対するモチベーションが高まるので、足痩せへのやる気が長続きして、自ずと効果も現れてきます。

 

もし、お金に余裕がある場合には、エステサロンでの足痩せを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

「セルライト」っていう言葉をよく耳にしますが、そもそもどんなものなのでしょう。まずは、あなたのお腹や太ももをよく見てみてください。肌が凹凸になっていたり、ボコボコした感じがしたりしてはいませんか。もしあれば、それがセルライトなのです。セルライトとは、一言でいうと、「脂肪の塊」のことで、血液の循環が悪いことが原因の一つとして挙げられます。血行が悪くなると皮膚の下にある脂肪細胞の代謝も衰え、それがだんだんと肥大化していきます。すると、その脂肪細胞同士や他の老廃物が絡み合って固まることで、脂肪の塊、つまり、セルライトができ上がってしまうのです。また、偏った食事による高カロリー摂取もセルライトの原因となります。セルライトが脂肪の塊であることからもわかるように、脂肪分の多い食事ばかりとっていると、どんどんセルライトが溜まっていくことになります。これが、足の脂肪太りの原因となるのです。要するに、セルライトができてしまう原因は下半身の血行不良や過度なカロリーの摂取にあります。このことからセルライトを解消するためには、まず、運動不足や不規則な生活などで血液の循環が悪くならないよう、生活環境を整える必要があるでしょう。適度な運動やマッサージなども効果的ですね。また、食生活に気をつけ、過度なカロリーの摂取も控えるようにしなければなりません。運動と食事制限を組み合わせることで、効果的にセルライトを解消することができるようになるのです。

 

 

夕方になると足がむくんできてしまいますが、それは一体なぜなんでしょうか?

 

足がむくむ一番の原因は血の流れにあります。
血液の流れやリンパの流れによって、私達の体の中の不純物や老廃物、水分などは排出されています。

 

その血液やリンパの流れが滞ってしまうと、水分や老廃物が細胞と細胞の間に溜まってしまい、それがむくみとなって現れてしまいます。

 

足は体の一番下にあるため、血液の流れが悪くなりやすくむくみがちになります。
このむくみを解消するためには、血液やリンパの循環をよくしてあげることが一番効果的です。

 

簡単な方法としては、横になって足を心臓より高い位置に上げ、15分ぐらいそのままにしてください。
足の下にクッションや座布団などを置くと楽だと思います。
これだけで、足に溜まっている老廃物が上半身へと流れて行きます。

 

横になれない場合には、その場で足踏みをしたり、軽いストレッチを行ったりするだけでもかなり違ってくるし、日頃からゆっくりとお風呂に浸かって血液の循環を良くすることも大切です。

 

半身浴でリンパの流れを良くするように念入りにマッサージをすると、汗もたくさん出て新陳代謝が活発になり一石二鳥かもしれません。

 

足のむくみを解消するだけで足がスッキリし、細く見えることも少なくありません。
他の部分はそうでもないのに、足だけが太って見えている場合には、足のむくみを解消することから始めてみませんか?

アロママッサージで足痩せ

アロママッサージとは「アロマオイル」を利用してマッサージを行うアロマテラピーの一種です。

 

よく痩せたい部分にクリームやジェルなどを塗って足痩せを行いますが、アロマオイルにもそれと同じような効果が期待できるようです。

 

アロマオイルにはオイルの種類にもよりますが、リンパの流れを良くする働きやセルライトの原因となっている脂肪の塊を分解する働きがあるものもあります。

 

そのアロマオイルの香りやアロマオイルに含まれている成分が、足のマッサージ効果をより高めてくれるのですが、アロマオイルを選ぶ際には、あなたの肌に合うのか?成分は安全か?アロマの香りは好みの香りなのか?をきちんと確認することが大切です。

 

使用方法を間違えてしまうと、思わぬ肌のトラブルの原因となってしまいます。

 

できれば専門家に、足痩せ用のアロマオイルを選んでもらったり、配合してもらった方が安心かもしれませんね。

 

アロママッサージを行う場合は、入浴後の精神的にも肉体的にもリラックスしている状態で行いましょう。

 

この状態の時が筋肉もほぐれやすく、血液やリンパの流れもよりスムーズに促されるので、足の痩せたい部分に重点をおき、ゆっくりと丁寧にマッサージを行ってください。

 

アロマオイルの香りによるリラックス効果で筋肉の緊張も解け、マッサージの効果がさらに高まるでしょう。

 

まだアロママッサージによる足痩せを試したことがない場合には、一度経験してみてもよいと思いますよ。

 

 

よく「肩凝りに効くツボはここ」「頭痛に効くツボはここ」なんて事を耳にすると思います。

 

それだったら、足痩せに効くツボがあっても不思議では無いと思いませんか?

 

足痩せに効くツボなんて、本当にあるんでしょうか?

 

足をマッサージすると筋肉が刺激されてほぐれ、血行やリンパの流れが良くなり、足痩せには効果的です。

 

それと同じように、ツボを刺激することでも筋肉が刺激され、血流も良くなって足痩せに効果があると言われています。

 

具体的には、臀部の真下にある「承扶(しょうふ)」というツボには、太ももやお尻を引き締める効果があると言われています。

 

また、膝上の内側にある「血海(けっかい)」というツボは、その名の通り血液に影響を与えるツボです。
このツボを押すと、ホルモンバランスが調整され、ふくらはぎのむくみ解消に効果があるとされています。

 

内くるぶしのおよそ6cm上にある「三陰交(さんいんこう)」というツボも、ホルモンの分泌を正常にする働きがあり、むくみ解消に効果があるようです。

 

 

ツボを押すことによる足痩せの効果は、人それぞれ違うと思います。

 

ツボを刺激したからといって、すぐに効果が現れるわけではありませんが、足のマッサージと平行してこのツボを刺激することによる足痩せの相乗効果には、かなり期待できるものがあります。

 

毎日根気よく、足のマッサージをする時には、同時にツボも刺激してあげるようにしてください。

脚が太い原因とは?

  • 「脚を細く見せたい」
  • 「脚痩せしたい」

と願うのは、女性にとっては当然のこと、誰だって、スラッとした細い脚に憧れるものです。

 

少しでも脚痩せできる方法を試してみたい気持ちも頷けますが、ちょっと待ってくださ

 

脚痩せの方法を試す前に、まずはあなたの脚がいま現在どういった状態なのかをきちんと見極める必要があります。

 

そうしないと、せっかく努力しても効果の出ない残念な結果になってしまうかもしれません。

 

脚が太く見える原因は、大きく次の三つのタイプに分けられます。

 

・「むくみ」
これは、特に血液の循環が悪い女性に多い症状です。
脚がだるかったり、脚を指で強く押すと戻りが遅かったりしたら、脚がむくんでいる証拠です。
このむくみを取るだけでも、脚がスッキリ見えてくるはずです。

 

・「脂肪」
これは、油っぽい高カロリーの食品を好んで食べている人に多い症状です。
太ももをつまむと肉厚の脂肪が確認できたり、太ももに力を入れても柔らかかったりしたら要注意です。
カロリーを抑えた食事をして、なるべく体を動かすようにしましょう。

 

・「筋肉」
これは、以前にバスケットなどの脚を使う激しいスポーツをやっていた人に多い症状です。
筋肉が鍛えられて筋肉質になっていたのに、スポーツを止めたらその筋肉がいつの間にか脂肪に変わっていたというパターンで、特にふくらはぎに多く見られるのが特徴です。

 

以上のことを踏まえて、あなたの脚の状態に応じた対処法を見つけてください。