あなたに合ったお腹ダイエット方法が見つかる

4週間のCUTEMEダイエットで最大-4.2㎏達成





EAT ME!は毎日飲むだけ!だから・・・毎日続けられる!
効果に自信があるから全額返金保証付きのEATME!
4週間のCUTEMEダイエットで最大-4.2㎏達成

飲むだけでスッキリ落ちるダイエットサポートサプリ EAT MEの詳細はコチラ 飲むだけで痩せる


ドローインダイエットはお腹痩せできる?

お腹痩せをしたい場合、ドローインダイエットをしてみるのもいいかもしれません。

 

ドローインダイエットとはお腹をへこませるだけの簡単なダイエット方法です。

 

メディアでも紹介されたので、既に知っている人も多いのではないでしょうか。

 

お腹をへこますことで、インナーマッスルを鍛えることができます。

 

インナーマッスルを鍛えると内臓を正しい位置に戻すことができ、ぽっこりお腹が解消されます。

 

ドローインダイエットのやり方はとても簡単です。

 

背筋を伸ばして立った状態で、お腹をへこませながら、大きく息を吸ってください。

 

ゆっくりと息を吐きつつ、お尻の穴に力を入れます。

 

お腹をもっとへこませるイメージを持つとやりやすいです。

 

この状態を30秒ほど維持して、10セット繰り返してください。

 

ただお腹をへこませるだけなので、場所や時間を選ばずにどこでも行えます。

 

料理を作っている最中や電車やバスの中で立っている時、仕事の休憩時間などに行ってください。

エステならお腹痩せできる?

エステに通えば、お腹痩せできるのでしょうか?

 

結論からいうとエステだけでは難しいかもしれません。

 

施術を受けて、細くなっても持続させることが難しいです。

 

基本的にその時はお腹が痩せても時間が経てばもとに戻ってしまいます。

 

だからといって必ずしもエステに通うのが無駄というわけではありません。

 

エステに通うことで血液やリンパの流れを改善して、基礎代謝をアップさせることができます。

 

基礎代謝がアップすれば、脂肪の燃焼も良くなり、痩せやすい体になります。

 

その状態で適度な運動を行ったり、食事管理を徹底すれば、スムーズにお腹が痩せられるはずです。

 

エステで痩せるというよりも、エステと他のダイエットを併用して痩せると考えた方がいいでしょう。

 

そして、一度では効果がほとんど出ないので、定期的に通う必要があります。

 

何度も通うことになるので、あまりにも費用が高いと続けることができません。

 

無理のない費用で通えるお店を探してください。

 

また効果もお店によって異なるので、評判のいいところを見つけましょう。

腹式呼吸でお腹が痩せるって本当?

お腹が気になるという人は腹式呼吸を意識してください。

 

腹式呼吸をするとお腹周りの筋肉を鍛えることができます。

 

お腹周りの筋肉を強化できれば、基礎代謝がアップしますし、内臓も正常な位置に戻せるので、ぽっこりお腹が解消されます。

 

さらに腹式呼吸は便秘解消にも効果があるので、女性の方はマスターした方がいいでしょう。

 

腹式呼吸をする場合、以下のようなことに注意して行ってください。

  • 背筋を伸ばす
  • 鼻から息をゆっくりと吸い込む
  • お腹を膨らませるイメージ
  • 息を吐き出す時はゆっくりと

 

背筋を伸ばしながら、鼻から息をゆっくりと吸い込んでください。

 

そして、徐々にお腹を膨らませていき、息を吐き出す時は一気にではなく、少しずつゆっくりと行いましょう。

 

これが正しい腹式呼吸のやり方です。

 

腹式呼吸はお腹痩せだけではなく、ストレス解消や免疫力アップにも繋がります。

 

イライラしていたり、心が落ち着かない時や、体調を崩しやすいという場合は腹式呼吸を行ってみてください。

便秘を解消すればお腹が痩せる?

ぽっこりお腹の原因が便秘という場合もあります。

 

便秘を解消するとお腹が痩せる場合もあるので、お通じを良くする努力をしてください。

 

便秘になると腸内でガスが発生します。

 

ガスが発生するとお腹が張って、ぽっこりお腹になってしまいます。

 

つまり、便秘を解消することがガス抜きにつながり、ぽっこりお腹の解消にもなるというわけです。

 

では、どうすれば便秘を解消できるのでしょうか?

 

まず最も大事になるのが食生活です。

 

食生活が乱れると腸内環境が悪くなり、便秘を引き起こします。

 

偏った食事を見直して、栄養バランスのいい食事を意識しましょう。

 

特に食物繊維は便秘を改善する効果があるので、野菜や果物などを積極的に摂るようにしてください。

 

さらに水分不足も便秘の原因になるため、こまめに水を飲みましょう。

 

そして、お腹の筋肉が弱いと便秘になりやすいので、適度な運動や筋トレも重要です。

 

毎日1時間程度のウォーキングでもいいので、体を動かすようにしてください。

インナーマッスルを鍛えればお腹がへこむ?

年齢を重ねるとお腹の筋肉が低下して、内臓を上手く支えることができなくなります。

 

そうすると内臓の位置が下がり、お腹がぽっこり出てしまいます。

 

これは加齢だけではなく、運動不足でもなってしまうので要注意です。

 

このようなぽっこりお腹を解消するにはインナーマッスルを鍛えるのが一番です。

 

インナーマッスルとは内臓を鍛える筋肉のことで、ここを鍛えることによって内臓を正しい位置に戻すことができます。

 

正しい位置に戻すことさえできれば、自然とお腹はへっこみます。

 

インナーマッスルを鍛える場合、有酸素運動が効果的です。

 

有酸素運動とはウォーキングや水泳、ジョギング、エアロバイク、ヨガ、サイクリングといったものです。

 

これらの運動はインナーマッスルの強化にもなりますし、ダイエットや肥満防止にも効果があります。

 

ただし、呼吸が乱れるほど激しく行ってしまうとその時点で有酸素運動ではなくなってしまいます。

 

そのため、有酸素運動を行う場合は必ず呼吸を意識してください。

プチ断食すればお腹がへこむ?

プチ断食をすれば、お腹がへこむといわれていますが、本当なのでしょうか?

 

結論からいうと本当です。

 

ただし、やり方には十分に注意しましょう。

 

やり方を間違えてしまうと体調を壊したり、リバウンドしてしまう可能性があります。

 

プチ断食をすることで、腸内環境を改善できます。

 

腸内環境が改善すれば、便秘が解消されますし、基礎代謝もアップするので、お腹がへこみやすくなるというわけです。

 

もし、プチ断食を行うのであれば、3日間程度で止めてください。

 

それ以上続けてしまうと体への負担が大きくなり、倒れてしまうかもしれません。

 

1日目を準備期間として使い、2日目を断食に使って、3日目を回復食期間に使うのが理想です。

 

これであれば、無理なくプチ断食を行うことができます。

 

しかしプチ断食後には要注意です。

 

プチ断食が終わった途端にダイエット中のストレスから暴飲暴食に走ってしまう人も少なくありません。

 

ダイエット後の体はエネルギーの吸収が以前より良くなっていて太り易いです。

 

暴飲暴食をするとあっという間にリバウンドしますので気をつけましょう。

姿勢を良くするとお腹ダイエットできる?

簡単にお腹ダイエットができる方法があります。

 

それは姿勢の矯正です。

 

姿勢が悪いと感じている人は、背筋を伸ばしてみてください。

 

そうすると普段よりもお腹がへこむはずです。

 

姿勢が悪いと内臓の位置が下がりますし、脂肪も目立ってしまいます。

 

さらに姿勢の悪さは基礎代謝の低下にも繋がり、太りやすい体質になります。

 

これは立っている時だけの話ではなく、座っている時の姿勢も関係しているので、常に背筋を伸ばしながら生活をしてください。

 

特に猫背の人は非常に危険です。

 

猫背は楽な姿勢ですが、筋肉の低下を生み、お腹に脂肪が溜まりやすくなります。

 

また、リンパや血液の流れも悪くなり、さらに代謝が低下し、お腹が太りやすくなってしまいます。

 

だからといって過度に腰を反ると腰痛や肩こりの原因になるので注意しましょう。

 

背筋を伸ばす時に胸の張りを意識するより、肩甲骨の下部分を押し出すようなイメージを持ってください。

 

姿勢が良くなると身長も高く見えるので、スタイルも以前より良くなります。

食生活の改善でお腹ダイエットできる?

お腹ダイエットをするには食生活の改善が不可欠です。

 

いくら運動をしても食生活が乱れている限り、お腹ダイエットは成功しません。

 

栄養バランスが偏った食事やカロリーオーバーの食事をしている人は、今すぐにでも見直す必要があります。

 

まず、食生活で気をつけたいのが脂肪分の多い食べ物や糖分の多い食べ物の食べ過ぎです。

 

肉やお菓子をたくさん食べているとお腹にどんどん脂肪がついていきます。

 

脂肪がついてしまうとなかなか痩せることができません。

 

肉やお菓子を食べてはいけないというわけではありませんが、食べ過ぎにはくれぐれも気をつけてください。

 

魚と野菜をメインにした食生活にすれば、健康的にお腹ダイエットができます。

 

ただし、たくさん食べてしまうと必要以上のカロリーを摂ってしまうことになるので、腹8分目程度に抑えましょう。

 

本格的にダイエットを始めるなら一度自分の必要カロリー量を計算してみるのもいいかもしれません。

 

そして、しっかりと1日3食とるというのもダイエットをする上で大切なことです。