1ヶ月で痩せるにはエステじゃなくてファスティングダイエット

ファスティングダイエットに成功する人

ファスティングダイエットが向いている人は、以下のようなタイプです。

  • 短期間で痩せたい人
  • 運動が嫌いな人
  • 便秘を解消したい人
  • 肌荒れを改善したい人
  • 空腹感に耐えられる人

 

ファスティングダイエットは、このような人に向いています。

 

ファスティングダイエットを行うことによって、数日間で一気に体重を落とすことができるので、どうしてもすぐに痩せたい人におすすめです。

 

運動をして痩せるのが一番ですが、中には運動が嫌いな人もいるでしょう。

 

そういった方には、体を動かすことなく痩せられるファスティングダイエットが最適です。

 

それに、ファスティングダイエットをすることによって、腸内環境を改善することができるため、便秘に悩まされている人にも向いています。

 

また、デトックス効果があるので、肌荒れを改善したいという人にも良いでしょう。

 

そして、ファスティングダイエット中は空腹感に襲われることもあるため、ある程度の空腹感に耐えられる人に向いています。

ファスティングダイエットの効果

ファスティングダイエットの効果は、大きく分けて4つあります。

  • 短期間で痩せることができる
  • 内臓機能を正常化できる
  • 暴飲暴食を改善できる
  • デトックス効果

 

ファスティングダイエットによって物を食べないことで、短期間で痩せることができます。

 

そのため、急にダイエットが必要な時に非常に有効なダイエット方法です。

 

それに、ファスティングダイエット中は休ませることができるので、疲れきった内臓機能を正常に戻すことができます。

 

内臓機能を正常化することで、体調も良くなります。

 

食事をとらないことで、胃を小さくさせて、暴飲暴食気味の食生活を改善することも可能です。

 

また、便秘解消にも効果があり、毒素を体外に排出することができますから、デトックス効果が生まれます。

 

ファスティングダイエットと聞くと、ダイエットのイメージが強いですが、このように健康や美容にも大きな効果をもたらすのです。

 

体調を整える意味でも、定期的にファスティングダイエットを行うといいかもしれませんね。

ファスティングダイエットのやり方

ファスティングダイエットが女性の間で注目されていますが、どのような方法で行えば良いのでしょうか?

 

そもそもファスティングダイエットというのは、短期間のプチ断食のことです。

 

期間中は食事をせずに、水分だけで過ごすというのが基本です。

 

ただ、水分だけだと栄養不足で体を壊しやすいので、酵素ドリンクを用いた方が良いでしょう。

 

酵素ドリンクには、痩せやすい体を作る酵素の他に、1日に必要な栄養素も含まれています。

 

食事の代わりに栄養価の高い酵素ドリンクを摂取することで、健康的にファスティングダイエットを行うことができます。

 

ファスティングダイエットを長期間行うのは体に悪いので、3日間ほどが良いでしょう。

 

初日は通常よりも少なめの食事にして、ファスティングダイエットを行うための準備期間にしてください。

 

2日目は食べ物を口にせず、酵素ドリンクを1日に3回ほど飲み、栄養補給します。

 

最終日の3日目は、胃腸に負担をかけないために消化に良いおかゆなどを食べ、食事量も通常より少なくしましょう。

 

このように3日間を過ごすことによって、ダイエット効果やデトックス効果を得ることができます。

ファスティングダイエットの注意点

ファスティングダイエットを成功させるには、どのようなことに注意すれば良いのか?

  • 無理をしない
  • 健康な時に行う
  • 激しい運動を控える
  • ダイエット後の暴飲暴食に注意する

 

ファスティングダイエットを行う時に一番大切なことは、絶対に無理をしないということです。

 

ファスティングダイエット中に頭痛を感じたり、体調が優れなくなった場合は、そのまま続けてしまうと非常に危険なので、すぐにダイエットを中止してください。

 

痩せたい気持ちは分かりますが、ここで無理をすると体に悪影響しかありません。

 

また、ファスティングダイエットは、必ず健康な状態の時に行うようにしましょう。

 

風邪を引いている時や疲れている時に行うと長続きしませんし、体調を悪化させてしまいます。

 

それに、ファスティングダイエット中は、エネルギー不足気味なので、激しい運動を控えるようにしてください。

 

通常の生活は問題ありませんが、激しい運動をすると倒れてしまう可能性があるので、くれぐれも注意が必要です。

 

そして、ダイエット後はダイエット中のストレスから解放され、暴飲暴食をしてしまいがちです。

 

ですが、暴飲暴食してしまうとダイエットをした意味がなくなりますし、胃腸に負担をかけてしまい、体調を崩しやすくなってしまうでしょう。

ファスティングダイエットの復食の取り方とポイント

ファスティングダイエット後、すぐに通常通りの食事に戻してしまうと、リバウンドしたり、体調を崩してしまう危険があります。

 

そのため、徐々に通常通りの食事に戻していく必要があり、このファスティングダイエット後の食事のことを復食といいます。

 

復食のポイントは、以下の3つです。

  • ファスティングダイエット期間と同じ期間の回復期をとる
  • 消化の良い食べ物を口にする
  • 食事量は少量からスタートする

 

復食のポイントは、ファスティングダイエット期間と同じ期間の回復期をとることです。

 

ファスティングダイエットを3日間続けたのであれば、3日間回復期をとるようにして、その間は通常通りの食事を控えてください。

 

そして、おかゆやスープといった消化の良い食べ物を口にするようにしましょう。

 

いきなり、固形物を食べてしまうと、胃腸に負担を与えてしまいます。

 

また、以前と同じ食事量を急にとってしまうと胃腸が驚いてしまい、体調を崩す恐れがあります。

 

食事量は少量からスタートして、徐々に増やしていくようにしてください。

ファスティングダイエットのリバウンドについて

ファスティングダイエットはリバウンドしやすいといわれていますが、これは本当なのでしょうか?

 

結論からいうと、間違ってはいませんが、正しくもありません。

 

正しい方法でファスティングダイエットを行えばリバウンドすることはありませんが、誤った方法で行うとリバウンドしてしまいます。

 

ファスティングダイエット直後というのは、飢餓状態になっているので、栄養の吸収率が高いです。

 

そのため、ダイエット前と同じ食事をしても、ダイエット前よりも脂肪がつきやすいでしょう。

 

また、ファスティングダイエット後は、ダイエットの開放感から暴飲暴食に走り、カロリーオーバーしてしまいがちです。

 

これもファスティングダイエットでリバウンドするケースの典型といえるでしょう。

 

ファスティングダイエット後は、消化に良い物を少しずつ口にして、ダイエット期間と同じくらいの期間をかけて、徐々にいつも通りの食事に戻すようにしてください。

 

そうすることで、ファスティングダイエットによるリバウンドを防ぐことができます。

ファスティングダイエットを行う時に、手軽に購入できる市販の野菜ジュースを使用しても良いのでしょうか?

 

結論からいうと、市販の野菜ジュースは避けた方が良いです。

 

野菜ジュースも酵素ドリンクも同じように思われている人もいますが、全く異なります。

 

野菜ジュースには、野菜や果物の栄養素が豊富に含まれているイメージがありますが、実際には加工中に原料に含まれていた栄養素は失われてしまっていて、ほとんど残っていません。

 

つまり、野菜ジュースにはみなさんが想像しているような十分な栄養素は含まれていないということです。

 

仮に、野菜ジュースでファスティングダイエットを行った場合、十分な栄養を補給することができず、体調を崩す可能性があります。

 

また、市販の野菜ジュースは美味しく飲めるように砂糖などが加えられているケースが多く、ダイエット効果を邪魔してしまいます。

 

そのため、ファスティングダイエットを行う場合は、市販の野菜ジュースではなく、酵素ドリンクや手作りの野菜ジュースなどを使用されてください。

ファスティングダイエットの最中に頭痛を感じる場合があります。

 

もし、頭痛を感じた場合は、すぐにファスティングダイエットを中止して、体を休めてください。

 

また、万が一、それでも症状が改善しない場合には、病院で適切な治療を受けましょう。

 

ファスティングダイエットを行うことによって、頭痛を伴うケースがあります。

 

この頭痛の大半は、ダイエット中の低血糖が原因で引き起こされます。

 

ファスティングダイエットというのは、ミネラルウォーターやサプリメント、酵素ドリンクなどで最低限の栄養素を摂取して、食事を一切口にしないというダイエット方法です。

 

そうすると、場合によっては、糖分が不足して、低血糖状態に陥る可能性があります。

 

低血糖状態になると脳に負担をかけてしまい、頭痛を引き起こすことがあるのです。

 

ファスティングダイエットを行うと、このような症状が起こる危険があるので、あまり無理をしないというのも大切なことです。

 

頭痛以外にも何か体に異変を感じた場合は、すぐにダイエットを止めるようにしましょう。