プチ断食で健康的に1ヶ月で痩せる事ができます

プチ断食って3日間だけやるの?

プチ断食は3日間だけで十分だといわれていますが、本当にそうなのでしょうか?

 

結論からいうと、3日間だけで十分です。

 

少ないように感じるかもしれませんが、それ以上の断食は体調を崩す可能性が高いので、止めてください。

 

もし、本格的に3日間以上したいのであれば、専門家に相談するようにしましょう。

 

3日間の断食をすることによって、体の調子を整えることができます。

 

また、短期間なら、ダイエット初心者でも簡単に断食ができるはずです。

 

ただし、プチ断食を行う際には、初日からいきなり食事を抜くというのは体への負担が大きいので、止めましょう。

 

初日は朝から夜にかけて、食事量を減らす程度で十分です。

 

2日目は体への負担が少ない飲み物を飲んで、空腹感を補ったり、栄養を補給してください。

 

3日目は消化にいいものを食べて、徐々に食べる量を戻していきます。

 

このような流れで、プチ断食を行うのが理想です。

 

あまり頑張りすぎるのは体に悪いので、体調に異変を感じた場合は、中止するようにしてください。

エビちゃんがプチ断食したって本当?

みなさんはエビちゃんこと、蛯原友里さんをご存知でしょうか?

 

知名度が高いタレントさんなので、恐らくほとんどの方が知っていると思います。

 

そのエビちゃんがテレビ番組「行列のできる法律相談所」の中で、プチ断食をして、3キロ痩せたと紹介されていました。

 

エビちゃんが実践したプチ断食のやり方は、それほど難しいものではありません。

 

まず、3日間は酵素ドリンクと水だけで過ごします。

 

その後、3日間は玄米粥を食べていました。

 

たったこれだけで、3キロも痩せたようです。

 

かなり痩せているエビちゃんの体型から3キロなので、普通の人ならもっと痩せるかもしれません。

 

プチ断食をしている人は一般人だけではなく、みなさんが普段テレビで観ているタレントさんにも人気があります。

 

エビちゃんが行ったプチ断食はとても体への負担が少ない方法なので、真似して行ってみるのもいいでしょう。

 

ただ、プチ断食をするとエネルギー不足になり、体調を崩す人もいます。

 

そういった状態になった場合は、無理をせずにゆっくりと休み、プチ断食は中止してください。

プチ断食って生理中はしない方がいい?

生理中は、プチ断食をしない方がいいのでしょうか?

 

結論からいうと、極力控えた方がいいかもしれません。

 

生理中はホルモンバランスが乱れているので、精神的にも肉体的にも不安定な時期です。

 

この時にプチ断食を始めてしまうと、さらに辛い思いをしてしまいます。

 

それに、体調を崩しやすいので、わざわざそのタイミングで行う必要はありません。

 

ただ、だからといって、絶対にやってはいけない訳ではなく、あくまでも、体と心への負担が大きいから控えた方がいいということです。

 

個人差があるので、生理中にプチ断食をしても平気な人もいますし、逆にそのタイミングで行うことで女性ホルモンのバランスが改善して、生理の症状が軽くなるというケースもあります。

 

そのため、どちらがいいのかは、その人の体調や体質によって異なると思ってください。

 

生理中に試してみて、そこで体調に異変が出た場合は、次回からやらないようにしましょう。

 

無理をして続けてしまう人がいますが、それは体への負担があまりにも大きいので、止めてください。

プチ断食で飲んでいい飲み物って?

プチ断食は、必ず水分を摂りながら行います。

 

断食と聞くと、食べ物はもちろん、水分も口にしてはいけないと考えている人も多いですが、それでは体への負担が大きく命の危険もあるので、絶対に水分は摂取してください。

 

ただ、だからといって、何でもかんでも飲んでいいという訳ではありません。

 

カロリーの高い飲み物はダイエットの妨げになるので、控えるようにしましょう。

 

プチ断食で飲んでいい飲み物

  • お茶
  • 野菜ジュース
  • フルーツジュース
  • 酵素ジュース

 

水やお茶は喉が渇いた場合、自由に飲んでもかまいません。

 

こまめに飲むことで、体内の毒素を排出できますし、脱水症状を防ぐためにも必要です。

 

野菜ジュースやフルーツジュースも、プチ断食におすすめの飲み物です。

 

水分だけではなく、栄養も一緒に摂れるので、一石二鳥だといえます。

 

ただし、砂糖が含まれている市販のものは避けるようにしましょう。

 

ダイエット効果をさらに高めるのに有効なのが、酵素ジュースです。

 

酵素ジュースには、野菜やフルーツの栄養の他に、酵素がたっぷりと含まれているため、より痩せやすくなれます。

プチ断食で宿便がとれるって本当?

みなさんは宿便という言葉をご存知でしょうか?

 

宿便とは、排出されずに腸内に蓄積された便のことをいいます。

 

毎日排便している人でも宿便が溜まっている可能性があるので、注意しないといけません。

 

本来は体外に排出されないといけないものなので、これが腸内にあるというのは、便秘と同じように体に良くないです。

 

ただ、この宿便を解消するのは非常に難しく、そう簡単に排出できるものではありません。

 

しかし、プチ断食をすると宿便がとれるといわれています。

 

これは本当のことで、プチ断食をすると高確率で宿便が排出され、腸内がすっきりします。

 

なぜ、宿便がとれるのかというと、プチ断食をすることで内臓機能を休ませることができ、消化機能の働きを高めることができるからです。

 

その結果、宿便がとれるという訳なのです。

 

そのため、宿便を解消したいと考えている人は、プチ断食にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

 

宿便がとれると健康にいいですし、ダイエットにもいいです。

プチ断食中って入浴してもいいの?

プチ断食中に入浴してもいいのか気になりますよね?

 

本格的な断食だと入浴は控えた方がいいといわれていますが、プチ断食であれば入浴しても問題ありません。

 

むしろ、上手く利用すれば、プチ断食の効果をさらに引き出すことができます。

 

プチ断食中におすすめの入浴方法は、半身浴です。

 

半身浴なら体に蓄積されている老廃物を汗として排出することができるため、デトックス効果がアップするでしょう。

 

半身浴のポイント

  • ぬるめのお湯
  • 20分くらい浸かる
  • 水分補給

 

熱い湯に長時間浸かると体への負担が大きいので、必ずぬるめのお湯にしてください。

 

だいたい37度~38度くらいの温度が理想です。

 

あまり長く浸かりすぎても駄目なので、20分くらいにしましょう。

 

そして、半身浴をすると大量の汗をかきます。

 

そのままだと脱水状態になって体に悪いため、こまめに水分補給をしてください。

 

もし、半身浴の最中に体調が悪くなった場合は、すぐにあがって横になりましょう。

 

プチ断食中は体調を崩しやすいので、無理は禁物です。

プチ断食中に運動してもいい?

プチ断食中に運動しても、大丈夫なのでしょうか?

 

結論からいうと、問題ありません。

 

むしろ、運動をした方がプチ断食の効果をさらに高めることができます。

 

ただし、プチ断食中は栄養不足の状態なので、激しい運動は避けてください。

 

激しい運動をすると、倒れてしまう危険があります。

 

そのため、運動をする場合は軽いものにしてください。

 

おすすめなのは、ウォーキングです。

 

ウォーキングであれば体力を使わないので、倒れるようなことはありませんし、全身の筋肉を使うため、健康的な体を作るのに最適です。

 

また、筋肉がつきますから、ダイエット効果もアップします。

 

しかし、たった1回で行う程度では意味がありません。

 

ウォーキングの効果を実感するためには、長期間やり続けるというのが重要になってきます。

 

なるべく毎日、30分~1時間程度のウォーキングをするようにしましょう。

 

プチ断食中だけではなく、その後も続けるようにすれば、リバウンドも効果的に防ぐことができます。

プチ断食中の喫煙

プチ断食中に喫煙してもいいのでしょうか?

 

結論からいうと、禁煙された方がいいです。

 

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮し、血液の流れを悪くする働きがあります。

 

プチ断食中は喫煙による影響を受けやすいので、できる限りやめるようにしてください。

 

喫煙すると、以下のような症状が現われることがあります。

  • 冷え性
  • 肌トラブル
  • 月経不順
  • 骨粗鬆症

 

血液の流れが悪くなると冷え性を引き起こしたり、新陳代謝が悪くなるので、肌トラブルが起きやすいです。

 

また、女性ホルモンの分泌量やバランスにも影響を与えるため、月経不順、骨粗鬆症などを発症する可能性があるでしょう。

 

それに、タバコに含まれるタールという物質は、ガンを発症させる性質を持っています。

 

ガンの発症リスクが高くなってしまうので、長生きするためにも禁煙をおすすめします。

 

適量のお酒であれば体にいいといわれていますが、タバコは百害あって一利なしです。

 

タバコには何もメリットがないので、プチ断食中に限らず、禁煙するようにしましょう。