エステ以外で自己流で1ヶ月に体重を落とす方法

4週間のCUTEMEダイエットで最大-4.2㎏達成





EAT ME!は毎日飲むだけ!だから・・・毎日続けられる!
効果に自信があるから全額返金保証付きのEATME!
4週間のCUTEMEダイエットで最大-4.2㎏達成

飲むだけでスッキリ落ちるダイエットサポートサプリ EAT MEの詳細はコチラ 飲むだけで痩せる


17日間ダイエットってどんなダイエット法?

17日間ダイエットとは17日間だけあることを実行することによって、大幅に体重を減らせるダイエットのことです。

 

そして、この17日間ダイエットはモレノ式ダイエットとも呼ばれています。

 

ダイエット内容

  • 起床後、コップ1杯のレモン水を飲む
  • 1日に2リットルの水を飲む
  • 17分間の運動を毎日2回行う
  • 炭水化物は食べない
  • 味付けの薄い食事を食べる
  • 芋や豆類以外なら野菜は何でもOK
  • 肉は脂や脂肪を取る
  • 卵は食べてもいい
  • 魚はヒラメ、カレイ、サーモンではあれば食べてもいい
  • 果物は2時以降食べない

 

これらのことを17日間意識して生活をすると、ダイエット効果が出てきます。

 

そこまで難しい条件ではありませんが、いつもとは違う生活になるので慣れるまで時間がかかるかもしれません。

 

中でも1日に2リットルの水を飲むことに対して難しいと感じる人が多いです。

 

水を飲む習慣がない人にとって、2リットルは非常に多いです。

 

その場合、今まで飲んでいたお茶やジュースを水に代えて、口が渇いたと感じたらこまめに飲むようにすれば、無理なく1日に2リットルの水を摂取できると思います。

ファスティングダイエットなら短期間で体重が落ちる?

ファスティングダイエットとはプチ断食のことです。

 

完璧な断食ではなく、必要最低限の栄養は摂取しますし、水分補給もこまめにします。

 

では、このファスティングダイエットをすると体重は落ちるのでしょうか?

 

結論からいうと高確率で落ちます。

 

3日間ほど続けることによって、簡単にダイエットが可能です。

 

1日目はダイエットの準備期間にして、いつもよりも食事量を減らしてください。

 

2日目は普段の食事を酵素ドリンクに置き換えて、酵素ドリンクと水以外のものはできるだけ口にしないようにしましょう。

 

3日目は復食期間にして、消化にいいものを少量食べてください。

 

おかゆやスープといったものがいいでしょう。

 

いきなり、大量に食べたり、消化に悪いものを食べてしまうと胃腸に負担がかかりますし、リバウンドをする恐れもあるので注意が必要です。

 

これがファスティングダイエットのやり方になります。

 

ファスティングダイエット中はエネルギー不足になりがちなので、激しい運動は控えるようにしましょう。

ボクサー流ダイエットなら絶対痩せる?

ボクサー流ダイエットをすると絶対に痩せることができるのでしょうか?

 

結論からいうと痩せる可能性が高いです。

 

ただ、体を動かさないといけないので、運動嫌いの人には不向きだといえます。

 

ボクサー流ダイエットのやり方

  • カロリー計算をする
  • 基礎代謝を上げるために筋力をつける
  • 低カロリーのものを食べる
  • 痩せたいからといって食べないのはNG
  • 水を飲む

 

まず、カロリーをきちんと計算して、ダイエットを行います。

 

どのくらいカロリーを摂っても大丈夫なのか計算して、それ以下に抑えてください。

 

基礎代謝を上げることで痩せやすい体質を作ることができます。

 

そのためには筋力をつけないといけないので、体を動かすようにしてください。

 

高カロリーのものは控えて、低カロリーのものを食べるようにしましょう。

 

痩せたいからといって、食べない人が多いですがそれはやめてください。

 

きちんと食べないと筋力をつけることができません。

 

そして、水をしっかりと飲むというのも重要です。

置き換えダイエットなら短期間で痩せられる?

置き換えダイエットなら短期間で痩せられるといわれていますが、本当なのでしょうか?

 

結論からいうと痩せることは可能です。

 

そもそも置き換えダイエットとは、普段の食事を低カロリーなものに置き換えるというダイエット法のことです。

 

例えば、1食600キロカロリーの食事をしている場合、3食で1800キロカロリーになりますよね?

 

それを300キロカロリー程度の食事に置き換えるだけで、大幅に1日の摂取カロリーを減らすことができます。

 

1食置き換えるだけで300キロカロリー、2食置き換えると600キロカロリー、3食全部置き換えると900キロカロリーもカットできるのです。

 

この際に摂取する食品のカロリーが低ければ低い方がダイエット効果はアップします。

 

しかし、あまりにもカロリーをカットしてしまうとエネルギー不足に陥り、仕事や日常生活に支障をきたす可能性があるので注意しましょう。

 

ストレスもたまりやすいため、置き換えダイエットは長期間ではなく、短期間ダイエットに向いています。

 

それに、カロリーにこだわるのは大事ですが、栄養バランスもきちんと考えた食事をするようにしてください。

糖質を制限すればすぐに体重が落とせる?

糖質を制限すれば、すぐに痩せることができるのでしょうか?

 

結論からいうと短期間で痩せられます。

 

これは糖質制限によって、インシュリンの分泌を抑制し、脂肪が蓄積されるのを防止できるからです。

 

また、体脂肪をエネルギー源として活用できるというのも痩せられる理由です。

 

やり方は簡単で普段の食事から糖質を抜くだけです。

 

白米やパン、麺、イモなどの炭水化物などには糖質がたくさん含まれているので、食べないようにします。

 

その代わり、肉や魚、大豆製品、野菜といったものはお腹いっぱい食べても問題ありません。

 

つまり、主食を食べずにおかずを食べるというダイエット方法です。

 

カロリーを気にする必要がないので、満腹まで食べられるというのがメリットです。

 

空腹に耐えることができず、ダイエットに失敗してしまう人でもこれなら続けられるのではないでしょうか。

 

早ければ始めて3日間くらいで効果を実感できると思います。

 

ただ、糖尿病の人が行うと大変な事態になる可能性があるので、医師に相談してからにしてください。

外食を止めれば一気に体重が落ちる?

体重を落としたいなら、外食を止めるようにしてください。

 

外食を続けてしまうと体重が増えてしまいます。

 

なぜなら、外食は基本的にカロリーが高いからです。

 

低カロリーのメニューもありますが、外食するとついつい高カロリーのものを選んでしまいがちです。

 

そして、居酒屋やファーストフード店などで食事をすると普段よりもカロリーの高い食事になります。

 

そんな生活を続けていると太ってしまうのは当たり前なので、外食は控えるようにしましょう。

 

また、栄養バランスが悪いので体調にも悪影響を及ぼします。

 

ただ、外食でもカロリーと栄養バランスを考えて食べるのであれば、そこまで太ることはないはずです。

 

しかし、そうするとお金もかかってしまうので、やはり自炊をした方が何かとメリットが大きいといえます。

 

一年の中でも年末年始になると外食がどうしても多くなってしまいますが、その際は低カロリーのものから食べることと、よく噛んで食べることを意識してください。

夕食を早くすれば痩せられる?

夕食を早くすれば痩せられるといわれていますが、本当なのでしょうか?

 

結論からいうと本当です。

 

早めに夕食を済ませてしまえば、痩せることができます。

 

逆に夕食が遅いと体重が増えやすいので気をつけないといけません。

 

どうして早い時間帯がいいのかというときちんと食べたものが消化された状態で寝ることができるからです。

 

遅い時間に食べてしまうと消化されない状態で寝てしまいます。

 

そうすると食べた物が脂肪になってしまうので体重が増えてしまうという訳です。

 

だから、早めに夕食を食べるようにして、胃が空っぽの状態で寝るようにしましょう。

 

夕食後に小腹が空くこともあると思いますが、そこで食べてしまうと何も意味がありません。

 

お腹が減っても我慢するというのが重要になります。

 

満腹感を得るためにも咀嚼を意識的に多くしましょう。

 

そして、さらに効果をアップさせるために適度な運動も取り入れてください。

 

ウォーキング程度で十分なので、1日30分~1時間くらい毎日続けてみましょう。

睡眠不足を解消すれば体重が落ちる?

ダイエットを成功させたいのであれば、睡眠時間に注意してください。

 

知らない人も多いと思いますが、睡眠不足は体重を増やす原因になります。

 

そのため、体重を落としたい場合は睡眠不足を解消しましょう。

 

では、どうして睡眠不足が体重に影響を与えてしまうのでしょうか?

 

これは睡眠不足になるとレプチンと呼ばれる食欲抑制ホルモンの分泌が減少してしまうからです。

 

レプチンが減少するとお腹が減りやすくなるので、食べ過ぎに繋がります。

 

その結果、体重が増えてしまうという訳です。

 

睡眠時間が短いと感じる人は、できる限り早めに横になり、たっぷりと寝るようにしてください。

 

また、寝るのが遅いとだんだんお腹が減ってきて、夜食を食べる機会も増えてしまいます。

 

寝る前に食べると脂肪に変わりやすいので、これも太る原因のひとつだと思ってください。

 

早めに寝るというのはそれだけでダイエット効果があると考えた方がいいでしょう。

 

寝つきが悪い場合は軽い運動をして、体を疲れさせてください。