本当に痩せるダイエットエステ1ヶ月の効果を比較 本当に痩せる!確実に痩せる!1番痩せるエステ

ダイエットで一番痩せる方法

「一番痩せる方法」と聞くと、今すぐにも試したいと思いますよね?「豆腐ダイエット」「バナナダイエット」「低炭水化物ダイエット」「低カロリーダイエット」など、「これが一番痩せる方法!」と言われるダイエット法がたくさんあります。しかし、これらのダイエットは、どれも過剰な食事制限になるので、続かなかったりリバウンドしてしまったりして、ダイエットが失敗してしまうことが多いのです。

 

なぜかというと、これらのダイエットはカロリーを大幅にカットすることで、脳が飢餓状態になり、脂肪を溜めるように働いてしまうからです。さらに、脳のエネルギー源となる“ブドウ糖”を必要として、筋肉を分解するので、基礎代謝量が下がってしまうのです。「痩せたいから食事制限しないと」とまず考える人も多いと思いますが、その考え方から離れましょう。

 

痩せたいと思っているのなら、食べ過ぎをやめて腹八分目にしましょう。すぐに痩せたいからと言って、食事の量を急にこれまでの半分以下にすると、体は飢餓状態だと勘違いしてしまうので、リバウンドしやすくなるのです。このことから、食事の量を減らしすぎず腹八分目にすることが“一番痩せる方法”と言えるのです。

 

食事を腹八分目に減らすだけでも、摂取カロリーも少なくなるので、脂肪が分解し燃焼されやすくなりますが、より痩せやすくするためには、新たに体脂肪を溜めないようにする必要があります。そのためには、食事の取り方を工夫して体脂肪を溜めないようにして、有酸素運動や筋トレを行って蓄積した体脂肪を落とすことが大切なのです。

 

 

40代の女性が一番痩せる方法

若い頃は太りにくかったのに、30代後半?40代になると、太りやすくなったり、ダイエットしても痩せにくくなったりした、と感じている方も多いでしょう。

 

特に、40代に入ると、お腹や腰の周りにお肉がついてきます。その原因は、腹筋が少なくなり、内臓脂肪が増えてきたからです。女性ホルモンが減少してくると、内臓脂肪?つきやすくなりお腹の内側からお肉がついて、しかも、そのお腹を引き締めてくれる腹筋もないので、ポッコリしたお腹を抑えることができなくなるのです。

 

そんな40代の方が一番痩せる方法としておすすめしたいのが、「有酸素運動」です。若い頃から日常的に運動をしてきた方ではないと、年齢を重ねると体がなかなか思うように動かなくなってくるものです。そのため、急に運動を始めると、ケガをしてしまったり、無理をして体に負担をかけたりしてしまうこともあります。

 

40代から運動を始めるのなら、ウォーキングや水泳を15分程度行うのがちょうど良く、ちょっと時間がある時に、ラジオ体操を行うだけでも筋力がついて基礎代謝をアップさせることができます。また、運動を行うことで、女性ホルモンの分泌を促進させる効果もあるので、エネルギーを消費しやすくなったり、若々しさを保ったりすることも期待できます。

 

有酸素運動を適度に行って、食事に気を付けることで、確実に一番痩せる方法となります。気を付けることは、高タンパク質で脂肪分の少ない食事にすることです。タンパク質には、ホルモンの分泌を促したり、筋肉を作ったりする作用があります。食事に取り入れると良い食材は、タンパク質を多く含み糖質が少ない「イソフラボン」が豊富な大豆食品で、女性ホルモンと同じような作用もするので、ダイエット中の女性に最適な食材です。

体脂肪を落とすための運動

体に蓄積してしまった体脂肪を落とすためには、やはり運動することが大切です。「運動が一番痩せる方法」と言っても良いくらいです。運動を全く行わないダイエット方法は、一時期体重は減るかもしれませんが、体脂肪は全く落ちないのです。それどころか、内臓脂肪が溜まって、いろんな生活習慣病の原因にもなってしまいます。運動をしないで痩せるということは、筋肉や血液、骨の量が減って、その分体重が減少したと考えられ、体にとって危険なことなのです。そのため、運動は一番痩せる方法としてとても大切なのです。

 

運動と言っても、「有酸素運動」や「筋力トレーニング」がありますが、エネルギー源はそれぞれ違ってきます。有酸素運動は心拍数が1分間に120以下だと効果が出にくくて、120以上になると筋トレの状態になります。つまり、有酸素運動で体脂肪が最も燃えやすいのは、心拍数が1分間に120の状態ということです。

 

ウォーキングは脂肪を燃やすのに良い運動ですが、ただゆっくりと歩いているだけでは、心拍数は上がらないので、脂肪も燃焼しません。心拍数120の運動とは、ウォーキングなら早足で、軽いジョギング程度の呼吸が少し弾むくらいの運動が一番痩せる方法なのです。

 

心拍数120までの主なエネルギー源は“脂肪”なので、心拍数が上がって筋トレのような無酸素運動になると、“糖質”がエネルギー源として多くなります。そのため、運動によって体脂肪を落としたいのなら、辛い激しい運動をするよりも、心拍数120くらいに安定させる方が有効なのです。

 

 

痩せるための運動は食前?食後?

一番痩せる方法は、心拍数120程度の有酸素運動を行って、脂肪を燃焼させることですが、筋トレなどの無酸素運動はダイエットに良くないわけではありません。筋トレは脂肪を燃焼する効果は低いですが、筋肉をつけるにはとても良いです。筋肉をつけると、基礎代謝を上げることができるので、運動をしていない時でも脂肪を燃焼させることができるのです。つまり、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせることで、脂肪を1日中燃焼させることができ、太りにくく痩せやすい体質になるということです。

 

また、有酸素運動は空腹状態で行えば、脂肪をすぐに燃焼させることができます。空腹時の血糖値が低い状態では、すい臓から血糖値をコントロールするホルモン「グルカゴン」が分泌されて、脂肪分解酵素「リパーゼ」を活性化させます。これにより、体脂肪は溶け出して血液の中に流れ出しているので、この時に有酸素運動を行えば、血液中の大量の脂肪を燃焼させることができるということです。

 

食事をしてから運動を行う場合は、2?3時間はあけてから行いましょう。食べてすぐに運動をすると、まだ食べたものが胃の中にあるので、消化が悪くなってしまいます。食後2?3時間後は、血糖値が安定した状態なので、交感神経を高めるために、20分程度の運動をすることで、アドレナリンとノルアドレナリンが出るので、リパーゼに働きかけて脂肪の分解が始まります。

 

そんなに時間をとっていられない人は、おなかが空いた状態の食事前に有酸素運動を行うことが、一番痩せる方法としておすすめします。

体脂肪を溜めない食事の取り方

一番痩せる方法とは、運動を行って蓄積された脂肪を燃焼させることですが、より痩せやすくするためには、これまで以上に、体脂肪の中に中性脂肪を溜めないようにすることです。

 

“お風呂”で例えてみると、浴槽いっぱい入ったお湯が脂肪で、小さなコップでお湯を少しずつすくって捨てていく作業が運動になります。そう考えると、運動で脂肪を落とすことはとても地道な作業ということがわかりますよね?でも、その浴槽に桶でお湯をドバっと入れる、つまり、一気に食べ過ぎて脂肪を増やしてしまうと、いつまでも痩せるわけがありません。少しずつ減らした努力もなんの意味もなくなってしまうのです。

 

このように、今よりも体脂肪を溜めないで一番痩せる方法は、食事の取り方に気を付けることも重要なのです。その食べ方を簡単にまとめると、「一気に食べ過ぎない」「満腹の時にさらに食べない」「血糖値を急激に上げない」「就寝前に食べない」ということです。これらに注意するだけで、体脂肪が溜まらないようになります。そして、さらに運動を心がけることで、痩せやすい体になります。

 

満腹の時にさらに食べたり、食べ続けたりすると、余計な体脂肪として変換されてしまいます。ダイエットを成功させるためには、1日3食の食事をバランスよく食べ、間食は3時に一度だけ内容を考えたものを食べる程度にしましょう。体脂肪をたまりにくくするには、食事を極端に減らすよりも、3食しっかり食べた方が良いことを覚えておきましょう。

 

 

ダイエット中の食事のポイント

ダイエットの食べ方で一番痩せる方法として、「脂っこいものを控える」「甘いものを食べない」「食事を抜く」「カロリーの低い食品に置き換える」「断食」などを聞いたことがあると思います。そして、これらのダイエット法を試したことがある方も多いと思います。

 

しかし、これらの極端な食事制限のダイエット法を行っても、健康的に痩せることはできませんし、リバウンドをして逆に太ってしまう可能性が高いのです。

 

食べ方で一番痩せる方法とは、とてもシンプルなことで「1日3食栄養バランスの整った食事をとること」「腹八分目に抑えること」です。ですが、「どうしても食欲が抑えられない!」という方もいるでしょう。それでは、ダイエット効果の上がる食事の食べ方のポイントを紹介します。

 

まず、なぜ腹八分目が重要なのかというと、筋肉と肝臓にある“ブドウ糖の一時的な保管所”のような働きをする「グリコーゲン」に蓄えることができる量には、制限があるからです。肝臓にあるグリコーゲンが蓄積できるのは300kcal程度なので、それを超えるカロリーを摂取した場合は、その分が体脂肪として蓄積されてしまうのです。

 

そのため、一度の食事の量を取りすぎないで、カロリーが少なく腹持ちの良いものを食べることで、体脂肪がつきにくくなるのです。また、次の食事までに、できるだけ活動をして、カロリーを消費させておくと良いです。さらに、筋肉のグリコーゲンを減らすためには、食前に筋トレを行っておくことで、脂肪がつきにくい体になります。

 

 

朝食の大切さ

ダイエットをしている人は、「食べると太るから、1食でも抜いた方が良いのでは?」と考えて食事を抜いたり、「朝は食べる気がしないから、昼食と一緒にすれば、その分摂取カロリーが少なくなる。」と思い込んで朝食を食べなかったりする方も多いでしょう。

 

一番痩せる方法としての食事の取り方は、朝・昼・夕の3食をちゃんと食べることです。特に、朝は、前の日の夕食から何も食べていない状態なので、エネルギーを保管する肝臓のグリコーゲンのタンクも残りが少なくなって、低血糖の状態になっているのです。

 

朝食抜きダイエットを行うと、体は飢餓状態だと思い込んでいるので、その日の最初の食事となる昼食で食べるものは、体脂肪として溜め込んでしまうのです。そのため、まったくダイエットとして効果がないということです。

 

私たちの肝臓のグリコーゲンタンクは300kcal程度で、約13?14時間で蓄えが尽きるので、前日の夜7時頃夕食を取ったとすると、次の日の朝8時までタンクはもつことになります。そのため、タンクの蓄えがなくなる朝起きた時間に食事をとることは、とても大切だということがわかると思います。

 

また、朝食を抜くとブドウ糖が不足しているので、頭が働かず仕事や勉強に集中できなくなってしまいます。それに、消費カロリーは減りますし、体温も上がらなくなります。このような食生活が続くと、冷え性や便秘、肌荒れを引き起こしたりに、ガンなどの深刻な病気にかかったりすることもあります。そのため、一番痩せる方法としてだけではなく、健康を維持するためにも、朝食はバランスよくしっかりと食べるようにしましょう。

 

 

夕食時間の鉄則

ダイエットをしている方にとっては、「一番痩せる方法」はとても気になると思います。ここでは、一番痩せる方法の中でも夕食の取り方のポイントを紹介します。

 

ダイエットを考えている方なら知っていると思いますが、夕食の鉄則は、就寝の3時間前には食べ終わっていることです。太らないように気を付けている方なら実践していると思いますが、知らなかったり実践できなかったりする方は、「自分は太りやすいな」と感じていると思います。就寝前3時間以内に食べないことを守ることで、太りにくくなるだけでなく、美容にも良い効果があるので実践しましょう。

 

食事を抜いたり、満足いかないダイエット食品に置き換えたり、炭水化物を我慢したりなど、ストレスのたまるダイエット法をするよりも、夕食の時間を守ることを実践した方が痩せることができるのです。

 

寝る前に食事をすると、眠ろうとしても胃は消化さるために働きます。そうなると、脳に血液が送られなくなりぐっすりと眠ることができなくなってしまいます。浅い眠りは、成長ホルモンが分泌されないので、十分に脂肪の分解と燃焼が行われずに、ダイエットには良くありません。

 

寝る前3時間食べない方法はとてもダイエット効果がありますが、それでもストレスが溜まってドカ食いしてしまいそうという方は、おやつを食べても良いです。でも、おやつはいつでも何でも食べても良いわけではなく、お昼の3時に血糖値の上がりにくいヨーグルト、ゼリー、プリン、ココアなどにしましょう。なぜ3時かというと、この時間は脂肪が蓄積されにくく、太りにくいと考えられているからです。

 

これらのことを守って、楽しくダイエットを続けられると良いですね。

よく噛むだけでダイエット

食事の時に気を付けることで、簡単に一番痩せる方法としておすすめなのが、「よく噛むこと」です。この方法は、食事制限や運動が苦手な方に特に有効です。

 

なぜよく噛むことが一番痩せる方法なのかというと、よく噛むと脳の働きが活発になり、満腹中枢が刺激されるので、少ない量でも“お腹いっぱい”と脳は認識させることができるのです。そのため、カロリーの摂取量を抑えたり、食べ過ぎを防いだりすることができるのです。また、よく噛んで食べることで唾液が分泌され、糖が分解されて血糖値が上がるので、さらに満腹中枢が刺激されます。

 

さらに、食事を開始してから20分くらいすると、「レプチン」という食欲を抑制するホルモンが分泌されるので、食べる量が少なくてもゆっくりよく噛んで食べることで、お腹がいっぱいになったと感じられるのです。これらの効果を得るためには、一口で30回は噛んで食べるようにしましょう。

 

また、一口に30回噛んで食べるとダイエット効果があるということで、食事をとる1時間くらい前からガムを噛むと良いです。できればキシリトールガムを選んで、毎食1時間くらい前から噛むようにしましょう。ガムを噛んでいると満腹感が得られるだけでなく、口が疲れることで食欲もなくなってきます。そのため、その後の食事の量も自然と抑えることができるということです。

 

この食事前にガムを噛むダイエットを2週間実践して、3kg痩せたという方もいるので、ぜひ試してみてください。

 

 

“食べる順番”で太りにくくなる!

「食事制限はストレスが溜まる」「好きなものを我慢するなんて辛い」という理由で、ダイエットに挫折した経験のある方は多いと思います。早く痩せることができるから、一番痩せる方法だから、と間違った情報から極端に食べないダイエットを行っている方もかなり多いようです。

 

 

極端な食事制限を行えば、もちろんそれだけ体重は減り、早く痩せることができたと思うかもしれません。しかし、その間違ったダイエットを続けていると、ストレスがかなり溜まり我慢が限界に達して、思いっきり食べてしまい、それが止まらなくなってしまうこともあります。また、食事制限ダイエットをして、その後バク食いしなかったとしても、普通の食事に戻しただけでも太りやすくなってしまいます。

 

一番痩せる方法とは、食事を1日3食バランス良く食べ、適度な運動を行うことです。食事を極端に減らすダイエットは、美しく痩せることはできませんし、健康にも悪影響を及ぼします。また、3食の食事をとるにしても、より効果を上げる方法があります。それは、“食べる順番”を工夫することです。

 

ダイエットに効果的な食べる順番で理想的なメニューで表すと次の順番です。

  1. 果物
  2. 生野菜、温野菜、キノコ類、海藻類
  3. みそ汁やスープなどの汁物
  4. 納豆、漬物などの発酵食品
  5. 豆類や大豆食品などの植物性タンパク質
  6. 肉や魚などの動物性タンパク質
  7. ご飯やパン、麺類などの炭水化物

となりますが、わかりやすくまとめると、最初に野菜、次にタンパク質、最後に炭水化物の順番になります。いつもこの順番を守って食事をとることで、太りにくくなるのです。

 

 

食べる順番でダイエット

ダイエット中の食事の取り方で、一番痩せる方法として、食べる順番に気を付けることがあります。それは、野菜、タンパク質、炭水化物の順に食べるのですが、これを守ることによって、効率的にダイエットを進めることができるのです。それでは、なぜ食べる順番を変えるだけで、一番痩せる方法となるのでしょうか?

 

まず、なぜ野菜から食べ始めると良いのかというと、野菜を最初に食べることで、血糖値の上昇を緩めることができるからです。

 

血糖値は、炭水化物を摂取すると上昇し、体内でエネルギー源となる「ブドウ糖」を運ぶ「インスリン」が分泌されます。もし炭水化物を摂りすぎると、肝臓や筋肉に運ばれるはずのブドウ糖が貯蔵しきれず余ってしまい、その分が脂肪となって蓄積されてしまうのです。

 

このことから、ダイエットを進めるには、血糖値が上昇しないようにすることが大切で、それを助けてくれるのが「野菜」なのです。食事の一番初めに野菜を食べることによって、インスリンの量を抑えることができ、脂肪の蓄積を防ぐ効果があるのです。

 

また、野菜を最初にたくさん食べることで、ある程度お腹がいっぱいになるので、その後のおかずやご飯などの食べ過ぎを防ぐメリットもあります。食べる順番を守っているからといって、たくさん食べ過ぎたりカロリーを摂りすぎたりしては全く意味がないので、カロリーのとても少ない野菜をいっぱい食べて満腹感をある程度得られれば、食べ過ぎることもなくなるということです。

1週間で痩せるには?

短期間で行うダイエットは体に負担がかかるので、あまり行わない方が良いのですが、どうしてもすぐに痩せたいという場合もあるでしょう。そんな方におすすめの1週間で効果が出て、なるべく負担の少ないダイエット法で一番痩せる方法について取り上げます。

 

基本的に、ダイエットは食事と運動が重要ですが、より早く体重を減らすためには、食事制限が必要になります。私たちがなぜ太ってしまうのかというと、ほとんどの場合が“食事”に原因があるのです。そのため食事の内容を見直すことによって、かなり体質が変わりダイエット効果を得ることができるのです。

 

さらに運動を取り入れることで、1週間でも3?5kg体重を減らすことも可能になります。運動をすることで筋肉がつきますが、それによりカロリーの消費量が大きくなるので、痩せやすい体質になるのです。ただし、1週間で効果を出すためには、かなりきつい運動が必要になります。たとえば、筋トレなら「もう限界」と感じるまで、ランニングなら約1時間走り続け、ウォーキングも最低でも1時間は必要になります。

 

運動が苦手で1週間という短期間でダイエットを行う人は、過酷な食事制限を実践する人も多いようです。しかし、それではリバウンドの可能性が大きいですし、体にもとても悪いです。そこで、運動を取り入れることでカロリーが消費されているので、無理な食費制限をしなくても良くなるのです。また、運動と食事を組み合わせることで、短期間のダイエットを終えた後も、食べ過ぎたり食生活を乱したりしなければ、減量した体重をキープすることもできるでしょう。

 

これまであまり運動してこなかった方にとっては辛いと思いますが、目的があってすぐに痩せる必要があるのだと思いますし、そのために1週間は頑張りましょう。

 

 

一番痩せる運動とは?

ダイエットで一番痩せる方法というと、やはり適度な運動を取り入れることです。運動といってもさまざまな運動があるので、ダイエットに最適な運動を紹介します。

 

一番痩せる方法としてどんな運動かというと、まず重要なのは、「カロリーを効率的に消費する」ということです。カロリーをコントロールすることは、ダイエットの基本中の基本なので、カロリーをより消費できる運動が痩せるために良いことは当然でしょう。

 

ただし、消費カロリーが多いだけがダイエットに最適な運動とは言えません。消費カロリーだけを重視するなら、全力疾走で走り込んだりきつい筋力トレーニングをしたりした方が良いことになります。でも、これらの運動を続けることはとても辛いので、慣れていないとすぐにやめてしまう可能性が高いです。そのため、もう1つダイエットに最適な運動で大事なことは、「長く続けられること」です。では、消費カロリーが多くて長く続けられる運動とは何でしょう?

 

もっとも効率良くダイエットできる運動は、「ジョギング」です。ジョギングは、体を全体的に使う運動なので、続けることで美しい体を手に入れることができます。ジョギングでダイエット効果を出すためには、20分以上走り続ける必要があります。そのため、最初から思いっきり走ってしまうと、絶対に続かないので、ゆっくりでもいいので20分は走り続けられる速さで走りましょう。1週間に1度、激しい走り込みを行うよりも、毎日早歩きくらいのペースで20分走った方が、ダイエットには効果があるのです。始めたばかりでゆっくりでも20分は辛いという方は、5分からでも良いので毎日続けましょう。

 

また、ジョギングを行う際は、走る前にスクワットを軽く行っておくと、太ももが細くなりやすくなりますし、ジョギングの後は、足に冷たい水を数分かけてアイシングを行うことで、ケガの予防や疲れの緩和になります。

 

 

ダイエットにおすすめの運動

一番痩せる方法として、ダイエットに取り入れてほしい運動はいくつかあります。「この運動が一番痩せる方法」と言われても、運動は人によって得意や不得意、好きや苦手などがあるので、自分が続けられそうな運動を行うことが大切です。それでは、ダイエットにおすすめの運動をいくつか紹介するので、自分に合った運動を習慣にして、スリムで美しいボディを維持してください。

 

まずは、「水泳」です。水泳は全身を使う運動ですし、水の抵抗力でカロリーも消費しやすくなります。また、浮力で体が軽くなるので疲れにくく、ケガの心配や体への負担も少なく、長時間続けることができます。しかし、消費カロリーは技術によって個人差があり、ジョギング以上に効果のある人もいれば、なかなか体重が減らない人もいます。でも、あまり効果が出ないなと思っても、泳ぎが下手でもゆっくりでも、続けることが大切です。

 

水着になるのに抵抗があったり、水泳用具を新たに購入したりするのが問題な人は、身近な場所でできて道具もいらない「階段昇降運動」がおすすめです。階段を昇り降りするだけの方法ですが、それだけで消費カロリーが高いですし、体への負担も少ないです。ただ、とても単調な動作の繰り返しで、長時間続けるのは苦痛になるので、好きな音楽を聴きながら行うなど工夫をしましょう。また、通勤や外出先で、エレベーターやエスカレーターがあっても、なるべく階段を使うようにしても階段昇降運動の効果はあるでしょう。

 

「自転車」も身近に行えるダイエット方法です。自転車は風景を眺めながら運動できるので、飽きることなく楽しみながらダイエットできます。また、座ったまま行う運動なので、体重が膝にかからず負担も少なくなります。しかし、上半身はほとんど運動効果がないので、全体的にスリムになりたいという方には、あまりおすすめできません。

短期間で痩せるには夕食抜きダイエット

「来週海に行くことになった」「お泊り旅行へ行くから」「結婚式が迫ってきたから」など、1週間で集中してダイエットしたい方もいると思います。そんな方にとっては、一番痩せる方法がとても気になると思います。「楽して効果が得られる一番痩せる方法があればな」と誰もが思うかもしれませんが、1週間という短期間でダイエット効果を得るには、食事制限も運動もかなり頑張らないといけません。

 

短期間集中型ダイエットでシンプルな方法としては、夜の食生活を変えることです。どうするのかというと、「夕飯は食べないで、早く寝てしまう」という方法です。この方法を実践すれば、ほとんどの人が体重を減らすことができます。日本の多くの家庭では、質も量も夕飯が一番豪華にしているのが一般的です。そのため、カロリーの摂取も多くなるので、肥満の原因になってしまうのです。

 

夕飯の後は寝るだけの人がほとんどだと思うので、夕飯で摂取したカロリーを消費することはできません。夕飯を食べてすぐ寝ると太る一方なので、短期間でダイエット効果を得るためには、夕飯を食べないことが一番痩せる方法といえるのです。

 

夕飯を楽しみにしていたり、食事制限をしたことがなかったりした方にとっては、夕食を食べられないのは耐えられないかもしれません。最初はとても辛いですが、そのうち慣れてきますし、徐々に体重が減っていくのを感じると、励みになって続けられるようになるでしょう。

 

「どうしてもお腹が空いたから、ちょっとくらいなら」と少しでも食べてしまうと、脳が刺激されてしまうので、“ちょっとくらい”ではおさまらなくなってしまうのです。1週間で結果を出すと決めたのなら、夜は何も食べないようにしましょう。

 

 

夕食抜きダイエットのポイント

夕食を抜くだけのダイエットは、短期間で一番痩せる方法といわれていますが、効率的にダイエット効果を出すためには、ポイントがいくつかあるので確認してください。

 

朝食と昼食は、どんな食事にすれば良いのかというと、それはいつも通りで良いです。「朝食も昼食も少なくした方が早く痩せられるはず」と考える方もいるかもしれませんが、夜お腹が空かないようにしっかり食べましょう。間食も食べても良いですが、ダイエット中ということを考えて、カロリーが低くヘルシーなものを選んで、量を調整して食べましょう。夕食の時間となる18時以降は何も食べないようにするのですが、水やお茶を飲んで水分は補給しましょう。

 

夜お腹が空いてイライラしたり気持ち悪くなったりしてしまう方は、夕方早めの時間にダイエット中でも安心できるものを軽く食べておきましょう。たとえば、カロリーの少なく栄養満点の野菜スープや、リラックス効果のある紅茶やハーブティー、ホットミルクなどを飲むと良いでしょう。お腹が空いたら、我慢できずに何か食べてしまうという方は、お菓子やインスタント食品などを家にストックしておかないようにしましょう。

 

夕食抜きダイエットは短期間で一番痩せやすい方法なので、順調に続けることで体重も減ってきます。だからといって、ずっと夕食を抜いていると、体調を崩してしまうことになります。体調を崩すとそれを治すために、栄養価の高いものを摂取する必要があるので、体調が戻るとともに体重も戻ってしまうことになります。

 

そのため、夕食抜きダイエットは短期間で行うことを守り、その後は夕食を食べるようにしましょう。その際は、食事の量や内容を十分に考えて、揚げ物などのカロリーと脂肪分の多いものは控えましょう。また、夕食を食べることで摂取カロリーが増えるので、そのカロリーを消費するために、適度な有酸素運動を行いましょう。

食事制限中に気を付ける栄養素

ダイエットの失敗でよくあることが、とにかく食べることを我慢し、摂取カロリーを減らすことが一番痩せる方法だと思い込み、リバウンドしたり体調を崩したり、ダイエットに挫折してしまうのです。

 

ダイエット中でも、筋肉を作る「タンパク質」を必要な量を摂取し、そのほかの栄養素もバランス良く摂りながら、カロリーを抑える食生活が一番痩せる方法なのです。ダイエットを成功させ、その後も体重をキープしリバウンドさせないためには、早く結果を出そうと頑張りすぎたり無理したりしないことです。栄養をバランス良く摂取することを意識することで、それが健康的で一番痩せる方法です。それでは、食事を制限する際に、特に気を付けて欲しい栄養素について取り上げます。

 

「炭水化物」には、エネルギーの源となる糖質がたくさん含まれています。生きるために必要な栄養素ですが、ご飯(白米)150gでは角砂糖約17個分の糖質が含まれていることになります。そのため、食事を制限するポイントとして、炭水化物を減らすことでダイエット効果も上がるということです。

 

たとえば、朝食や昼食でご飯やパン、麺類などの炭水化物を半分にして、夕食は全く食べないようにするなど、食事の中でなるべく炭水化物を摂らないように工夫しましょう。また、甘い糖質は“中毒性”があるので、最初はとても辛いと思いますが、1週間過ぎる頃には、慣れて体も軽くなり調子が良くなることもあります。

 

食事制限によるダイエット中は、「タンパク質」をしっかり摂取する必要があります。なぜなら、ダイエットで脂肪を燃焼させると、筋肉も一緒に燃やされてしまうので、基礎代謝が落ちてしまうからです。そのため、体重1kgでタンパク質1gを目安に摂取してください。体重が60kgの方なら肉や魚を60gくらい食べると良いのです。

 

 

ダイエット中におすすめの外食

ダイエットで一番痩せる方法の1つとしては、食生活を見直すことがあります。できれば、ダイエットを考えた栄養バランスの整った食事を自分で作るのが一番なのですが、どうしても外出先で食事をとらないといけないこともあるでしょう。飲食店や市販のお弁当などは、ダイエットには向いていないものが多いですが、中にはダイエット中にも安心して食べることができる食べ物もあるので紹介します。

 

野菜がたっぷり含まれて、チキンなどのお肉もはさんであるサンドイッチは、適度な栄養バランスが手軽に摂取できて、ダイエットをしている人にもおすすめの食べ物です。特に、自分でサンドイッチの中身を選ぶことができるお店なら、野菜を多めに注文して、お肉は高蛋白質で低脂肪のものを選んで作ってもらいましょう。

 

健康やダイエットには不向きなイメージのコンビニにも、ダイエットにおすすめの食べ物があります。それは「おでん」です。寒い時期限定になってしまいますが、コンビニで販売されているおでんは種類が豊富で、ほとんどのものが低カロリーなだけでなく、食べ応えもあるので、食事を制限している時は強い味方になります。大根やこんにゃく、卵、つくねなどは3?4品選んで食べてもたったの150kcalとかなりカロリーを抑えることができます。ただし、練り物はほとんどが炭水化物でできているので、ダイエット中は食べない方が良いでしょう。

 

また、最近では、レストランなどのメニューにカロリーや糖質などが表示されているので、それを確認して選び、カロリー計算してオーダーすると良いでしょう。また、ドリンクバーに用意されているドリンクやスープのことも忘れないでください。

 

一番痩せる方法は、食事の内容に気を付けて、不必要なものは制限することですが、それによってストレスが溜まり挫折してしまうこともあります。せっかくのダイエットを台無しにしないためにも、ダイエット中でもおいしいものを食べられるように工夫をすると良いでしょう。

産後は一番痩せる時期

赤ちゃんを産んだ後の女性は、妊娠前の体系に早く戻したいと思うでしょう。実は、産後の体は、一番痩せやすい時期とも言われており、産後に正しいダイエットを行うことは、美しいママになれるチャンスなのです。

 

しかも、産後に一番痩せる方法はとてもシンプルで、それは「必要な量以上に食べないこと」です。「母乳もあげているし、痩せやすいはずなのにな」と、なかなか体重も減らないことで悩んでいる方も多いようです。その理由は、赤ちゃんのために食べて栄養を付けているはずが、必要以上にたくさん食べてしまっていることがほとんどなのです。せっかく痩せやすい状態になっているので、その期間に正しい知識で効率良くダイエットしましょう。

 

赤ちゃんを母乳だけで育てている方は、授乳するだけで1日500?700kcalを毎日消費しています。成人女性1日の摂取カロリーは2000kcalなので、授乳だけでカロリーを1/4?1/3も消費していることになります。でも、赤ちゃんのためにとたくさん食べているとカロリーオーバーになり、結局、痩せられないどころか、太ってしまうのです。産後に行うダイエットは、運動を頑張ったり、食事を制限したりする必要はありませんが、食べ過ぎないことをとにかく守ることが一番痩せる方法なのです。

 

産後の一番痩せやすい時期とは、産後6か月までと言われています。6か月過ぎたら痩せにくくなるわけではありませんが、この期間は普通の人よりも楽にダイエット効果が出やすいのです。なぜ痩せやすいのかというと、妊娠中に必要としていた脂肪を排除したり、出産で開いた骨盤を元に戻したり働く時期だからです。そのような特別な状態の時にダイエットすることで、痩せやすくなるのです。

簡単なダイエット法「レコーディングダイエット」

無理なく健康的に一番痩せる方法の1つには「レコーディングダイエット」という方法があります。

 

レコーディングダイエットとは、辛い運動も食事制限も必要がなく、誰でも取り組むことができるダイエットです。これまでいろんなダイエットをしてきたけど、レコーディングダイエットが一番効果を感じたという方も多いです。やり方もとても簡単で、その日に食べたものを全て記録して、自分の食生活を見直すだけです。

 

レコーディングダイエットがなぜそんなに効果があるのかというと、自分が食べたものや飲んだものを記録することで、自分がどんな食生活をしているのか目で見て確認し、太ってしまう原因がすぐにわかり反省することができるからです。

 

「わざわざそんなこと書かなくても、覚えていればいいのでは?」と思うかもしれませんが、記録してみると自分の食事を客観的に見ることができます。記録を見ながら、「最近、野菜が摂れていないな」「こんなに間食しているのか」「飲み物で結構カロリー摂ってるんだな」など、これまで全然気づかなかった自分の食生活の悪い点を知ることができ、今後、食事をとる時に意識するようになるのです。

 

また、レコーディングダイエットは、一番痩せる方法としてだけでなく、食生活が改善されるということで健康にも良いので、試して損のないダイエットです。ただ、毎日食べたものを全て記録する必要があるので、面倒になってやめてしまう方もいるでしょう。そんな方には、レコーディングダイエットのために作られたアプリもあるので、それらを使えば簡単に記録することができるので、ぜひ利用してください。